FC2ブログ

花しずく

10.3.8ザージャン麺

‘10.3.11追記

食堂部は相変わらず不確実営業の「花しずく」 で、運良く炸醤温麺をいただきました

スープは鶏がら豚骨の清湯に 醤油味 麺は、中太多加水縮れ麺 具は、茹でほうれん草 京生麩(もしかしたら違うかもしれない) メンマ 甜麺醤と豆板醤で味付けした挽肉 刻み白葱少々

坦々麺の出来から想像していたものとは少し違っていたが 「炸醤麺」ではなく「炸醤温麺」なのだから 確かに・・・である

炸醤麺で忘れられないのは やはり「てっぱん焼き 大雅の裏メニュー炸醤麺」 磯釣り好きで笑顔が可愛い若旦那の本格中華は絶品である 但し裏メニューの為いつでも作ってくれるとは限らない 定休の水曜日に釣果が無かった翌日の木曜に下手なことを言うと何を頼んでも豆板醤で真っ赤な代物が出てくるであろう 拙blogを見てチャレンジしようと思ったらその覚悟が必要かもしれない

 

10.3.8麺

10.2.24坦々麺

花しずく(岩手郡雫石町)で、坦々麺をいただきました

元某料理長の監修による本格的な坦々麺が出来上がったとの噂を聞きつけての訪問。 盛岡からは46号線を秋田方面へ向かい雫石総合運動場手前 県道212号を玄武温泉方面へしばらく走ると左側に看板とのぼりが見えてくる 坦々麺が喰いたいとの昂ぶる気持ちを抑えて注視していかないと見落としてしまうので注意が必要  美味しいジェラードで有名な「松ぼっくり」が見えてくると行き過ぎである
更に 仕出しや弁当の業務も掛け持ちしている様で いつでも食べれるわけではないとの事 拙blogを見て訪問しようと思った方は事前に確認してから向かったほうがよかろう 連絡先は看板に記載してあった

4kgの胡麻を擂るところから作っているとの芝麻醤がかなり濃厚なスープは 秋田市でいうところの「えびや」に近い 肝心の辣(辛味)と麻(痺れ)バランスも絶妙で坦々麺好きには堪らないものに仕上がっている 麺は、中細多加水縮れ麺 替え玉¥100で追加が可能 今回は特別にチャーシューをサービスしてくれた 具は、味の滲みた豚挽肉 茹で青梗菜  刻み葱 花柄の京生麩2枚 もう一枚真ん中が黄色くまわりがピンクの物体がのっていたのだが何なのかはよく解らなかった  

壁に貼られたメニューに 叉焼麺とあるが  替え玉にサービスしてくれたものを見ると よくあるチャーシュー麺の煮豚ではなく 豚肩ロースの焼き豚らしい 炸醤麺も甜麺醤から自家製とは恐れ入った 次回の訪問が楽しみである
食堂事業は始めたばかりらしく 訪問時2人の元気なお母さんオネエちゃんは暇そうにしていたが  提供された坦々麺は想像に反して絶品であった 今後は「絶品Club」を見たラーメン好きが殺到するかも知れない

10.2.24麺

10.2.24替え玉

10.2.24メニュー

10.2.24看板



Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/tb.php/436-ada4daf0