FC2ブログ

伊藤

08.12.22ラーメン

伊藤(仙北市角館町

中華そば2008年バージョンをいただきました


スープは少し濁りのある濃厚魚だし系だが変なえぐみは感じられない 醤油ダレの色は濃いめ 表面に浮かぶのは煮干の鱗と思われるキラメキと刻みトウガラシ 麺は、低加水中太ストレート 具は、葱と玉葱のみ

おおよそ手の込んだスープとは言いがたい微妙に濁ったスープ まるで茹で時間を間違えたかのような半生系のバギボギ自家製麺は無造作にどんぶりへ投入しただけで箸ですくい上げ揃えようともしない 更にスープの量が少ない為 麺の1/4は表面から出たまま お世辞にも丁寧な切り方とは言えない不揃いな刻み玉葱とつながったままの小口切り?の葱

ラーメン界の偉人は 美味しいラーメンを作るには「豚ガラ、鶏ガラ、人柄」が大事と言ったが 無骨で愛想のカケラもない接客態度

ところがドッコイ、世の「伊藤フリーク」と同じ様に気が付けば足が向いてしまう 見た目や理屈では理解することの出来ない不思議な魅力に 私も惹きつけられてしまったのかもしれない

08.12.22麺

08.12.22スープ

08.12.22食券

08.12.22入り口





伊藤(仙北市角館町)で、そばをいただきました

スープは強めの煮干しダシがメイン 透明度は少なく大量の魚粉がどんぶりの底に沈み 刻んだ鷹の爪が浮いていました

麺は 角張った中太ストレート 食感は腰が強く濃い目のダシに程よく絡み合います

具は、白ネギ2欠け 青ネギ3欠けしかありませんが決して忘れたわけではありません メニューにも確かに「そば」「肉そば」とありますから・・・ははっ



20070410000214.jpg



20070410000232.jpg

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/tb.php/225-0766927c