FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華料理 天龍 銀座街店

18.5.27天龍餃子①

中華料理 天龍 銀座街店(川崎市川崎区)で、名物餃子 味噌ダレ 瓶ビールのゴールデンコンビをいただきました

ニンニク利かせた野菜多めの餡に 皮は薄めで柔らかい 真昼間のビールって最高っす。


18.5.27天龍餃子②




20070522004550.jpg

中華料理 天龍 銀座街店(川崎駅前)

タンタン麺をいただきました

スープは芝麻ときつめの豆板醤でほぼオレンジ色です 麺は表面がツルツルで喉越しが良い中太多加水麺 具は ごろっとしたキクラゲ 斜め切りの葱 ニラ 豚挽肉 かき玉が合わせて炒められドッサリのっていました

このボリュームで¥525ですから そりゃもう大満足

いつもは辛いの平気なあっしですが、これは結構強烈でした、「よっちゃんの南蛮味噌」の次位かな。

 20070522004604.jpg

スポンサーサイト

中華料理 萬福

18.7.20タンタンメン①

中華料理萬福(能代市二ツ井)で、タンタンメンをいただきました

何故かしら猛暑の中でも やっぱりピリ辛 激熱いタンタンメンを注文してしまいます スープは、中華屋の清湯 中華丼を頼むと お椀にネギを放しただけのものが添えられるが この店のクオリティが堪能できます 麺は、細めの多加水  僅かにウエーブ 茹で時間 1分程 具は、豚ひき肉 ザーサイ 葱 メンマ    ザーサイの塩抜きが不十分で塩辛いとの酷評をよく目にするが 塩気のないザーサイほどまずい物は無い


中華料理萬福のデーターベース

#萬福 #タンタンメン #ソウルフード


18.7.20タンタンメン②




20080128232531.jpg

中華料理 萬福(
能代市二ツ井)で、

中華丼をいただきました

中華街で修行を積み 試行錯誤を重ねながら地元に根付いたメニューを創造し 食いしん坊の舌を楽しませてくれる楽しい店です

ザクッと刻んだキャベツ、人参、ほうれん草、キクラゲ、チャーシュー、さらに豚バラ肉を強火で炒め絡める程度の塩味餡かけでまとめ オイスター風味のタレで仕上げてあります

大盛りの御飯には、紅しょうが ゆで卵は糸で飾り切りしたものが半分 お椀のスープは葱だけですがこれがまた格別に旨い


御飯も具材もてんこ盛りで ボリューム満点! 大満足の一品でした



20080128232618.jpg



萬福( 能代市二ツ井

焼きそばをいただきました

単車旅人 修理屋的家貢」BBSにてshigw@仙台さんが大好きだったとコメントしてくれた まさしく絶品な焼きそばです。

麺は中細生麺(熊さん)を茹でて 水洗いでぬめりを取り〆ます。具は、豚バラ肉 キャベツ 人参 玉葱 モヤシ 木耳 ほうれん草 中濃ソースで炒め香ばしさを出します、
付け合せに紅生姜少々

御覧のとおり麺が見えない位 山盛りの超ボリュームで、蒸し麺の焼きそばとは違い 麺の腰や味まで楽しめる一杯でした。



20070228221034.jpg



中華料理 萬福 (能代市二ツ井

味噌ラーメンをいただきました。

スープは濃厚ブレンド味噌 麺は細ウエーブ 具は、麺と同量位もあろうかという五目炒めがどっさり載せられ なかなか麺に到達できないほどです。

1972年頃 、土曜の学校帰りには同級生らと ここでラーメンを食べるのが定例になっていて

当時の私は、剣道部に所属して すでにかなりの大食いでしたが ここの盛りは十分おなかを「 萬幅 」 にしてくれました。

過去ログでも触れているように、ラーメンへの情熱を覚えた最初の一杯がここのラーメン
30年以上経った今でも、仕事で県北に行くときは知らないうちに足が向いてしまう店です。




タンタンメンをいただきました


ラードで豆板醤とニンニクを炒め香りと風味を引き出し ザクザク切ったザーサイとひき肉が入ると、いよいよ横浜中華街で修行した店主のこだわり 
黄金色に輝き一点の曇りもないがすこぶる濃厚な清湯スープの入場。

このスープがまた格別 ご飯ものと焼きそばには、お椀にねぎを入れて塩味だけで出てくるが、ドンブリ一杯飲みたい位旨い。

お次は溶き卵の登場、何で掻き混ぜるかと 殻の行き先は気にしないでほしい、すべては美味しく頂く為の「オマジナイ」なのだ 

そうそう、お気付きの方もいると思うが 芝麻醤は入りません、でもタンタンメンはタンタンメン旨ければそれも有りなんです。

どんぶりで待機している 程よい堅さに茹でられた中細ストレート麺の上に投入される
そして”おいおい”と言いたくなるほど載せられるメンマ これがまた十分味が滲みてて旨い。

”はいよ” きたきたぁ~お~っとぅ!湯気が立たないラーメンだ 油断大敵
今は亡きラーメン界の山下清の”陶酔亭の味噌”、”五右衛門のあんかけ”、”チャイナタウンの味噌チャン”の教訓を忘れてはいけない。

舌を火傷する位 激熱なのだ、んんんっ旨いっやっぱ絶品だよ。

池田屋食堂


18.5.25マーボー麺①

池田屋食堂(横手市駅前町)で、一押しのマーボーラーメンをいただきました

ベースのスープは、中華屋の清湯と思われる 麺は、多加水細ストレート 具の麻婆は、絹ごし豆腐 もやし ニンジン 葱 スリムネギ 餡は、柔らかくほんのりピリ辛程度

どんぶりの縁 ぎりぎりの嬉しいボリュームであります。

18.5.25マーボー麺②

18.5.25マーボー麺③

18.5.25池田屋食堂②

18.5.25池田屋食堂①


喜多方ラーメン

18.7.9喜多方ラーメン①

喜多方ラーメン(北上市村崎野)で、絶品な喜多方ラーメンをいただきました

4号線を北上 有名釣り道具店の先に看板はあるのだが 画像のとおり 勢いの強い木の陰に隠れ 店をとおりすぎてからじゃないと発見することはできない
天窓のある洋風な店の前にも大きな木が茂っているので こちらからもなかなかの隠れ家である

スープは、澄んだ鶏ガラ煮干し昆布系のあっさりタイプだがしっかりとしている 麺は、太めの多加水平打ち縮れ チュルチュルな食感が美味しい 福島から取り寄せているそうだ 具は、ナルト ワカメ 豚もも肉チャーシュー ゆで卵 メンマ 海苔 スリム葱 

長年食べ歩きをしていると 何度か驚かされる店を発見することがある この店は、味にも驚かされるが メニューも今時とんでもなく激安である 駐車場にも困らず 行列に並ぶことも無く すぐに頂ける。

#喜多方ラーメン #激安 #美味しい


18.7.24喜多方ラーメン②

ビジュアル的にも喜多方ラーメンに寄せてワカメを抜いてもらいました 奮発して半カレー¥200も追加

18.7.24喜多方ラーメン①


18.7.24喜多方ラーメン③


18.7.9喜多方ラーメン②

18.7.9喜多方ラーメン③

お土産ラーメンの張り紙あり もしや そのまんま?っと思ったが5食¥2,100だから¥420/1食になってしまい 商売にはならない

18.7.24喜多方ラーメン④

18.7.9喜多方ラーメン④

18.7.9喜多方ラーメン⑤


新福菜館秋葉原店

18.6.5ブラック①

新福菜館秋葉原店(千代田区神田)で、秋葉原店限定の旨辛ミンチそばをいただきました

スープは、まっくろくろすけブラック 麺は、中太多加水ストレート 具は、挽肉ミンチの唐辛子炒め 茹でもやし 小口切り青葱


18.6.5ブラック②

18.6.5ブラック③

18.6.5ブラック④


麺屋ゑびす

17.12.16醤油①

麺屋ゑびす(秋田市牛島東)で、醤油らーめんをいただきました

スープは、鶏ガラベースに節系ブレンド 麺は、加水低めの細ストレート 具は、豚肩ロースチャーシュー メンマ 味玉子 カイワレ 海苔


17.12.16醤油②

17.12.16醤油③

17.12.16醤油④


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。