三十六番

17.3.15朝煮干し①

朝煮干しバリカタ辛味のせであります 出張帰りの目覚まし兼ねてこの後辛味を3杯ほど追加してしまいました

17.3.15朝煮干し②




17.1.25朝煮干し①


三十六番(盛岡市三本柳)で、朝にぼしをいただきました

スープは、甘みと醤油ダレのパンチが効いたかえし澄んだ濃厚煮干し 麺は、加水少なめの細ストレート 秋田で言えば角館 伊藤 大仙市 佐藤 由利本荘 松陰のこってり 秋田市 陸王の限定細麺風バギボギ麺だが 大変万人受けする優しい茹でかげんである 具は、味玉 メンマ 刻みネギ 豚ウデかなチャーシュー 麩 海苔

秋田県人向けに茹で時間1分のバギボギ粉落とし風でお願いしたい逸品


17.1.25朝煮干し②

17.1.25朝煮干し③

17.1.25朝煮干し④


麺屋 風よおしえて

17.3.17醤油ラーメン①



麺屋 風よおしえて(仙北市角館町)で、鶏だし中華そば醤油をいただきました

スープは、澄んだ鶏ガラメインの旨み濃厚 麺は、多加水中細わずかにウエーブ 具は、豚バラチャーシュー 麻竹メンマ 半熟ゆで卵 水菜 小口切ネギ少々 ギタースタンドにはギブソンでした(プチ情報)



17.3.17醤油ラーメン②

17.3.17醤油ラーメン③

17.3.17醤油ラーメン④


麺屋てんやわんや

17.3.16台湾まぜそば①

麺屋てんやわんや(十和田市元町)で、台湾まぜそばMAX3辛をいただきました

麺は、太めの中太い多加水ストレート 具は、斜め切り白ネギ 刻みニラ 辛もやしナムル 刻み玉ねぎ 刻みニンニクには魚粉 刻み海苔 辛肉みそに卵黄

MAX3辛ですが 標準的なノーマル辛位で普通に美味しくいただけます 食べ方の解説に30回くらいよく混ぜてとあり ひたすら頑張るが相変わらず混ぜそばのビジュアルはグチャグチャで画像的にお洒落ではない しかしながら食べるとこれが格別に美味しく 後飯までサクッと行けてしまうのは完敗である 


17.3.16台湾まぜそば②

17.3.16台湾まぜそば③

17.3.16台湾まぜそば④

17.3.16台湾まぜそば⑤


故郷本店

17.2.23みそラーメン④

故郷本店(盛岡市みたけ) ご覧の通り 驚愕なミソラーメンをいただきました

スープは、赤味噌仕立てのあっさりタイプ 麺は、多加水中太 具は、もやし キャベツ ニンジン ニラ 豚バラ肉 僅かに豆板醬を利かせて炒め煮した仕上がりで300g以上はありそうだ

食べるには、二郎系で培った秘技「天地返し」を試みるも 野菜の重みがすごいので上手くいかない 仕方ないのでどんぶりの淵から底に埋まっているであろう麺を救い出す「レスキュー法」で伸びる前にとっとといただく ビジュアルからは想像できないが麺の量はいたって普通なので残った野菜は横から見てもまだまだどんぶりから顔を出している ここからは苦難の道のり 1週間分はあろうかと思える野菜を黙々と食べ続けなくてはならない 

食いしん坊のお腹を満たしてくれる爆盛りな一杯でした


17.2.23みそラーメン⑤

17.2.23みそラーメン②

17.2.23みそラーメン③

17.2.23みそラーメン①


麺屋 十郎兵衛

17.2.20マサちゃん①



麺屋 十郎兵衛(大仙市上栄町)で、限定マサチャンラーメンあぶら抜きをいただきました

あぶら抜きなので油膜はってませんが澄んだ煮干し系濃厚スープ 麺は、平打ちワシワシ手もみピロピロ 具は、豚バラ肉チャーシュー2枚にごろっと塊1個 小口切りネギ 細切メンマ 海苔

ラーメンBIOG始めたころからの知り合いでもある店主 マサチャンが作ってくれました


2010.3.24 秋田ラーメンブロガーコンベンション#1

17.2.20マサちゃん②




17.1.18汁無し担々麺①

麺屋 十郎兵衛(
大仙市上栄町)で、1月の限定 汁無し担々麺MAX20辛をいただきました

FBに続々とUPされた辛味のタガが外れているという麺太郎さんや まだまだ逝けると豪語する女性のK.Oさん20辛画像に誘惑され 盛岡から横手へ仕事を理由に伺いました。

麺は、多加水全粒粉平打ち 切刃8番との事だが厚みがないので 歯が弱くなってきた年寄りでも食べやすい 具は、極太麻竹メンマ 揚げ玉 小口切ネギ ひき肉 フードプロセッサーで種ごと砕いた粗挽き唐辛子が大量に振りかけられるが きっと韓国唐辛子なのか刺激の少ない甘みのある辛さ 20辛は、和えタレにひそめてあるんだろうかと油そばみたいにグルグルかき混ぜていただく スープは、煮干し

肛門から火を噴くような痛いのでも平気で食べてしまうような麺太郎さんには ツイテ逝けないが 辛い物好きなら30辛位からスタートでも全然美味しくいただけるレベルである。


17.1.18汁無し担々麺②

17.1.18汁無し担々麺③

17.1.18汁無し担々麺④




14.7.26まぜそば①

十郎兵衛の朝らーシリーズであります

まぜそばは、モチモチの太麺  太めのメンマ ハジチャーシュー 揚げ玉 煮卵 小口切り葱と糸唐辛子 まぜタレは、にんにくと魚粉豚骨醤油ダレ


14.7.26まぜそば②


11.2.14熊本らーめん④

麺屋十郎兵衛(大仙市)で、今月の限定熊本ラーメンをいただきました

スープは粘度高く濃厚な魚介豚骨ブレンドに塩ダレ 麺は、中太低加水ストレート 茹で上がりも拙者の大好きな食感を残した堅麺 具は、チャーシュー メンマ 味玉 小口切り葱少々 真っ黒いのは香ばしい風味のマー油がかけられている


店主のblog「麺屋 十郎兵衛じゅろへぇ日記」はこちら

11.2.14熊本らーめん③

11.2.14熊本らーめん①

11.2.14熊本らーめん②


10.8.5店主

10.8.5カウンター①10.8.5カウンター②

麺屋 十郎兵衛(大仙市大曲)で、どっからどうしたって身内じゃい~と半ば強引に身内限定レセプションらーめんをいただきました

店主blog「
雅浩の開店奮闘記」はこちら

早速 暖簾をかけてポーズをとってくれた雅やんの腕組には 並々ならぬ力がこめられ 「旨いラーメンを創るぞ~!」の気迫がみなぎっていた
店内はカウンター席のみだが間隔に余裕があり結構ゆったりできそうだ メニューは豚骨魚介ダブルスープのらーめんを筆頭に魚介系スープの中華そば 丸鶏豚骨魚介を濃厚に仕上げたつけ麺 トッピングやサイドメニューも豊富である

最初の一杯は中華そばをいただく 麺は、腰が残る多加水細縮れ麺 具は、太目の短冊メンマ 豚肩ロースチャーシュー 小口切りの葱 大判の海苔一枚 今流行の魚介系濃厚なダシが香る一杯だがどこか懐かしい匂いがして嬉しい気持ちになる

豚骨魚介ダブルスープのらーめんは 白濁少なめなだが粘度と濃度はかなり高く表面にコラーゲンの膜がはりそうだ 麺は、加水少なめな中太ストレート麺  具は、煮卵と糸唐辛子が追加される 家系や特濃とは違った濃厚でありながら爽やかなスープに仕上がっている

グランドオープンは 8/6(金)11:00~20:00 予定 定休は未定 店主blogにて告知とのことでした


雅やん、ご馳走様でした
仙台ラーメン事情背脂軍曹さん、立憲圧政会総司令部さん、雅浩の開店奮闘記さん、ひまつぶしさんへTB
10.8.5メニュー

10.8.5中華②

10.8.5中華麺

10.8.5店主②

10.8.5らーめん①

10.8.5らーめん麺①

秀華楼

17.2.17五目ラーメン①

秀華楼(花巻市大迫)で、五目中華をいただきました

ベースのスープは、中華屋の清湯に醤油タレ 麺は、多加水中太 具は、五目野菜に豚バラ肉とハムを牡蠣風味で炒め餡で仕上げてある

ここで食べると いつか近所に移転してくれないかなと いつも思う


17.2.17五目ラーメン②




16.8.22五目焼きそば①

秀華楼(
花巻市大迫)で、五目焼きそば大盛をいただきました

多加水細ウエーブ麺 表面をカリカリに香ばしく炒め焼きにしてある 具は、オイスター風味の餡かけで五目野菜どっさりのる

辿り着くのに度胸がいるが 食いしん坊の心を満たしてくれるノスタルジーとCPの高さは堪らない

16.8.22五目焼きそば②

16.8.22メニュー①

16.8.22メニュー②

16.8.22看板①


バガボンド丸矢巾店

17.3.10四川塩①

甘辛系の四川塩らーめんをいただきました

スープは、塩ベースにコチュジャンだろうか 甘く辛い味付け 麺は、中太多加水 具は、炒めた もやし ニンジン 木耳 水菜だろうか メンマ 白ごま 小口切りネギ


17.3.10四川塩②


16.10.21旨にら①


バガボンド丸(紫波郡矢巾)で、旨ニラ塩らーめんをいただきました

スープは、澄んだ鶏ガラ豚骨でしょうか 麺は、中太多加水 具は、鶏むね肉スライス 辣油でピリ辛に炒めたニラ 小口切ネギ少々に紅ショウガ

16.10.21旨にら②

16.10.21旨にら③

16.10.21旨にら④