六厘舎(東京駅)

16.1.27つけめん

六厘舎(東京駅)で朝つけ麺をいただきました

いつも行列をな眺めて やっぱ東京って人が多過ぎ だって つけ麺たべんのにこんなに並ぶんだと驚いていたが この日は、富士市から KAERUさん経由で帰省の為 どうせ朝も並んでるだろうと冷やかしに寄ってみると7人しか(も)並んでおらず 突撃を試みる。

朝つけ麺 なんと東京で¥630でいただけることにしこたま驚く田舎者 魚豚ブレンドのつけ汁は さほど粘度なく万人受けするだろう味付け 具は、沈んで見えないところがビジュアル的に情けないところだが しっかり柔らか豚チャーシュー メンマ 葱 海苔 ナルトが入っている  麺は、僅かに褐色な多加水極太


16.1.27六厘舎

自家製麺 佐藤

16.2.1魚だし①

自家製麺 佐藤(大仙市大曲)で、素中華特盛り魚粉少ないところをいただきました

この日は、男性人がこちらの店担当とのことでむさ苦しい男が2人厨房にいる  愛想の良いおねえちゃんに美味しいラーメンを作ってもらうつもりだったのに当てが外れてがっかり プププ 

魚だしが鼻に抜けるスープ 拙者 魚粉が苦手なので わがまま言って 旨み油の濁っていない上澄みを投入してもらう 麺は、加水少ない細ストレート 茹で時間み短くバギボギ 具は、スリム葱 おろし生姜をレンゲでドッサリ投入していただく

特盛りにするとスープから半分以上の麺が顔を出す下品なドンブリ景色 茹で時間 間違えてんじゃね!的な堅茹での麺 強烈濃厚な魚だし トッピングは、スリム葱だけという潔さ もう行かないと心に決めるも いつの間にか足が向いてしまう魔性の魅力がこのラーメンにはある。
 

16.2.1魚だし②


15.11.28肉中華①

自家製麺 佐藤(大仙市大曲)で、2周年感謝中華をいただきました

スープは、鶏がらメインの旨み油たっぷり系 麺は加水低めパキパキ細ストレート麺 具は、刻んだスリム葱とおろし生姜 この日は2周年記念として素中華¥200と大盤振る舞い 画像は大盛り¥50プラスの1.5玉

拙者遅ればせながら 初佐藤のレギュラー麺でありましたが よく比較される某店とはまったくの別物 第一に茹でた麺をドバッとどんぶりにぶっこんで汁をかけ お世辞にも綺麗とは言いがたい繋がった小口切り葱に愛想のかけらも無い接客 

一方 愛想の良いお姉さんが どんぶりに浮かべる麺は 綺麗に勢揃いして並ぶ きちんと中央にトッピングされたスリム葱はパラパラに刻んである(繋がってない) 今回、肉だしをいただいたが僅かな濁りは魚粉だろうか 拙者、昨今台頭してきた激濁りの大量投入魚粉の渋み苦味エグミが苦手なので魚だしをいただくときには抜いていただけないかお願いしてみるつもり。

某店との比較は決して悪意は無い 事実 店主が海外出張中以外は46号線を通ると不思議と引き寄せられる伊藤マジックにはまってしまったジャンキーである



15.11.28肉中華②

15.11.28肉中華③


とりとん

15.12.29広東麺①

とりとん(由利本荘市薬師堂)で、広東麺をいただきました

スープは、澄んだ鶏がら豚骨の醤油味 麺は、中太多加水少しだけウエーブ 具は、五目炒め野菜にプリプリ海老とウズラ卵 オイスター餡かけ

ジョイフルシティの青い鳥時代を知っているyouさん なつかしの味との談


15.12.29広東麺②

15.12.29広東麺③

15.12.29広東麺④


三宝亭 八橋店

16.1.24坦々麺①

三宝亭フレスポ店で坦々麺をいただきました

スープは、芝麻濃厚で泥系に近いがザージャン(辛肉味噌)を溶いても 麻と痺はさほど感じられず万人向けに仕上げてある 拙者、辛いもの好きなので備え付けのラー油を10周かけ回してからいただくが 酢ラータンメンをオーダーするとついてくる花椒も欲しいところ 麺は多加水中太 堅めコール 相変わらず麺が絡まってるため 引っ張り出すときに汁が廻りにぶっ飛ぶ。


16.1.24坦々麺②


1509.22酢ラー湯麺①

三宝亭フレスポ店で酸辣湯麺をいただきました

スープは、澄んだ鶏がら豚骨に醤油ベースタレ 麺は多加水中太 具は、細切りのハム 筍 白菜を炒め酢とラー油と山椒を加えた溶き玉子の餡に仕上げてある 白髪葱少々 葉っぱ1枚

拙者 強烈な酸辣好きであるから テーブル調味料からラー油を10杯 花椒を10振り 酢を5回グルグルさせてからいただく

15.09.22酢ラー湯麺②


14.12.24辛味噌

三宝亭 八橋店(秋田市八橋

youさんお気に入りの五目旨煮麺に付き合わされて最近の頻度かなり多めの店です

この日の拙者は、よその人が美味そうに食べていた辛味噌に惑わされてコール 鶏がら豚骨の濃厚スープに赤味噌 麺は、多加水プリプリ 具は、ほぼ生のモヤシキャベツに木耳 温泉玉子 白髪葱 小壷には別辛味 ほぼ全量を投入して真っ赤なラーメンに仕立てる ライス付きは食いしん坊にもうれしい

この日は、タンタン麺を所望 芝麻がきいた濃厚な一杯でした 個人的に花山椒を小さじで追加したいわがまま 


15.2.9坦々麺



14.8.9醤油ラーメン
14.10.2追記

澄んだ鶏がら豚骨スープにアゴや煮干のブレンド系スープ 麺は、多加水中太 具は、表面を炙った香ばしいバラ肉チャーシューが2枚 メンマ 小口切り葱 海苔

13.12.1五目うまにラーメン①

三宝亭八橋店で五目うま煮めんをいただきました

店の前にたなびく幟にもあるとおり 一押しになってます スープは、能書き見ると極上清湯とのこと 麺は、多加水中太の角張ったストレート 具は、海鮮と五目野菜の醤油オイスター風味の餡かけ

寒いこの時期にピッタリの熱々メニューで体の芯から温まります

13.12.1五目うまにラーメン②

14.1.12揚げ焼きソバ

13.12.1五目うまにラーメン③

13.12.1五目うまにラーメン④

東座

16.1.4酢ラー①

今年の正月 安全祈願のあと 東座で限定の酢ラー湯麺(だったと思う)

べーすのスープは、鶏白湯 麺は、多加水中太ウエーブ 具は、しいたけ 玉葱 木耳 細切りたけのこ 酸味を利かせて少しだけ餡でまとめてある 仕上げにラー油をまわして小口切り葱少々


16.1.4酢ラー②




13.10.23鶏白湯①

東座(盛岡市南大通)で、鶏白湯ラーメンをいただきました

スープは、長時間鶏ガラを煮込んだ白濁濃厚 粘度濃すぎずサラッとした喉越し 麺は、加水低め全粒粉ブレンドの細ストレート麺 少し固めに茹で上げ食感も好み 具は、メンマ オーダー受けてから炙った豚バラチャーシューが二枚 どちらも味を濃い目に入れてある  海苔 小口切り葱がトッピングされる。


13.10.23鶏白湯②

13.10.23鶏白湯③

13.10.23鶏白湯④