ゆ家 菜園本舗

11.10.6ゆ家①

ゆ家 菜園本舗(盛岡市菜園

蔵出しのエントリーで申し訳ない

秋刀魚のなめろうが出てるって事は 10月頃でしょうか 中庭が見えるお座敷に囲炉裏の付いたテーブル 落ち着いた空間のお店でした
突き出しは 温かいふろふき大根 4種のチーズ盛り合わせ 蛸のカルパッチョ 牛タン炭焼き 秋刀魚のなめろう

11.10.6ゆ家②

11.10.6ゆ家③

11.10.6ゆ家④

11.10.6ゆ家⑤

ドジャース前食堂

10.1.17ドジャース食堂③

ドジャース前食堂(秋田市川尻大川町)でロースカツ丼を、いただきました

と言っても10.1.17と だいぶ前の画像でご勘弁 さすがに前エントリーの列強カツ丼と比べては可哀想だが 標準的なボリュームと肉厚だろうか 卵とじは堅め 刻み海苔がトッピングされている 生姜焼きは甘辛のたれで焼いた豚ロースが二枚と付け合せ野菜がのる 混んでる時は、時間に余裕を持って訪問したほうがよいかな 


10.1.17ドジャース食堂④

10.1.17ドジャース食堂②

10.1.17ドジャース食堂①

ざくろ

11.12.27ざくろ①

ざくろ(盛岡市紺屋町)で、坦々麺をいただきました

真っ赤なスープは、鶏がら豚骨に濃厚な芝麻 麺は、中太多加水ウェーブ 具は、ほうれん草 メンマ チャーシュー 白髪葱と小口切り葱がトッピングされる

盛岡に来てから 辛めの坦々麺を探し求めていたがなかなか巡り会えずにいた ここは、お気に入りの一軒

おはるママが食べてた らーめんは、透明度高く旨み脂が浮いて味わいふかそうなスープ こちらもなかなか美味しそうである 


11.12.27ざくろ②

11.12.27ざくろ③

中華そば 琥次郎

12.1.15虎次郎③

中華そば 琥次郎(由利本荘市

スープは透明度高くあっさりしているが 節中華は後から魚系のだしが追いかけてくる感じ 麺は、中細多加水縮れ麺 具は、小振りな豚腿肉チャーシュー一枚 メンマ 小さい麩が一個と海苔 刻み葱少々 

12.1.15虎次郎④

12.1.15虎次郎②

12.1.15虎次郎①

ごち

10.1.21ごち①

ごち(盛岡市大通

画像データからすると‘10.1.21なので 食ログなどの店内写真から見ると改装して和風の仕切りが立っているようだ

手の込んだ料理が綺麗に盛り付けられて出てきた印象がある

もっと沢山撮ったはずだが 丁度カメラの入れ代え時期で上手く撮れなかったのか残っていたのはこれだけ また、行ってみたい1軒

鱈白子の天ぷら(最後の一個をかろうじて撮影に成功) アナゴの白焼きだろうか・・・鮭だろうか 鶏ソテーとサラダかな オデザは焼プリンとアイス


10.1.21ごち②

10.1.21ごち③

10.1.21ごち④

10.1.21ごち⑤

10.1.21ごち⑥

工藤製精肉店食堂部

12.1.12工藤食堂①

工藤製精肉店食堂部(釜石市大渡町で、カツ丼をいただきました

器がさほど大きくないため1枚のカツを半分ずつ二重に重ねて盛り付けたビジュアルはインパクト絶大 肉厚のカツは 細かいパン粉薄めで揚げてある為 鍋で卵とじにすると衣ははがれやすくなるがそんなことはどうでも良く 甘辛のタレが滲みた御飯と一緒に食べると旨さ倍増 秋田で言うところの
冨士食堂 山根 中川食堂 のカツ丼ほどのCPはないが食いしん坊の食欲を満たしてくれることは間違いない
カツカレーは、カツ丼と同じ肉厚のカツがのり 濃厚なカレールーにはゴロッと大きめの柔らか豚肉が3個でボリューム満点 これならカツは要らなかったんじゃねえ・・・と 同僚の弁


12.1.12工藤食堂②

12.1.12工藤食堂③

12.1.12工藤食堂④

12.1.12工藤食堂⑤