キッチンアベ

07.2.27味噌

キッチン アベ(盛岡市高松

みそラーメンをいただきました


爆盛りカツカレーに度肝を抜かれた店であるが 麺類のボリュームもまた 半端ではない 普通でも多めではないかと思われる1玉ともう半玉で並盛り¥500、 すると大盛りは2玉だろうか・・・もしかすると2玉半 いやいや倍の3玉なのかもしれない さすがの私でも其処までいけるかどうか自信が無いので 誰かが食べているのを見てから考えたいと思っている

スープは豚骨鶏ガラベースでダシが十分出ている 麺は、中細僅かにウエーブ 具は、麺と同じ量はあろうかという炒めた豚挽肉と五目野菜 野菜から食べると秋田の「冨士食堂」の様にいつまで経っても麺に辿り着けない為 私の様に堅麺が好きな人は 具を掻き分けて麺を引き出してから食べることをお薦めする

この日、大盛り炒飯をオーダーしたツワモノがいたので作るところを見ていたら デッカイお玉に山盛り3杯のごはんが中華なべに投入され・・・仕上がった状態は 「サーティワンアイスクリーム」のトリプルの様だった

09.2.27麺

07.2.27メニュー


08.9.19カツカレー

ちょこっと出張で盛岡へ・・・デカ盛りで評判の

キッチンアベ(盛岡市高松

カツカレーをいただきました


御覧の通り かなりのデカ盛りではありますが これでも並盛り 大盛りは 隣のオネエちゃんが話してるのを聞いてたら「ぜってぇ食いきれネェって」とのこと・・・これの倍はあったそうな・・・喜

ルーは刺激少なく 若干甘めであるが万人向けのプレーン  具は、薄く引き延ばしたカツフライをサクサクにからりと揚げ 食べ易いように切ってます

洋食屋の懐かしい金属皿にテンコ盛りのカレー、 外観のワリにはさほど苦しくも無くすんなりといただけました 次回は是非大盛り・・・


08.9.19カツ

追記、大盛りで有名なご存知「キッチンアベ」 今回の挑戦者はキクリン 小柄ではあるがその食欲はなかなかのものであった

唐揚げ定食は、醤油で下味をつけた鳥胸肉を片栗粉まぶしてカラッと揚げてある 付け合せはポテトサラダとスパゲッティ 千切りキャベツ どんぶり御飯に味噌汁がつく 

11.9.22唐揚げ

08.9.19キッチンあべ看板

焼き鳥居酒屋 とり

10.10.4とり①

10.10.4とり⑥

焼き鳥居酒屋 とり (盛岡市大通

昨年10月4日 定例会の画像が残っていました 給料日後の火曜か金曜に¥3,500呑み放題付き できれば長いほど良い しかも幹事持ち回りで始まったのだが この頃からどこからともなくあそこのチーズつくねは絶品らしいなどと噂を聞きつけて頻繁に開催されることが多くなった

その中の一軒、 そっ! チーズつくねのおいしいお店はここでした


10.10.4とり②

10.10.4とり③

10.10.4とり④

10.10.4とり⑤

中華そば 五拾五番

11.8.26中華そば①

中華そば 五拾五番(盛岡市みたけ)で、中華そばをいただきました

スープは澄んだ鶏がら豚骨系であっさりタイプ  麺は、細多加水縮れ麺 具は、豚腿肉チャーシュー メンマ 麩 海苔 小口切りの葱少々

五拾五番といえば5mm位ラードで油膜がはって湯気も出ない激熱ラーメンを思い出すが 濃い色のタレもかかってないので 盛岡の五拾五番ってことですね

湯沢の五拾五番は、こちら



11.8.26中華そば②

11.8.26中華そば③

11.8.26中華そば④

麺屋武蔵 無骨

11.8.23無骨黒①

麺屋武蔵 無骨(台東区上野)で、無骨らーめん黒をいただきました

麺屋武蔵 無骨のHPは
こちら

スープは濃厚豚骨に魚介ブレンド真っ黒いのはマー油 麺は、加水低めモチモチした太めのストレート 具は、メンマ 木耳 豚角煮のような厚切りチャーシュー 煎り胡麻が振りかけられている

11.8.23無骨黒②

11.8.23無骨黒③

11.8.23無骨黒④

麺屋武蔵 相傳

11.8.24相傳①

麺屋武蔵 相傳(台東区上野)で、赤つけ麺をいただきました

麺屋武蔵 相傳のHPは
こちら

つけ汁は濃厚豚骨に魚介ブレンドで 赤はピリ辛 具は、メンマと薬味にスリム葱 大判の豚肩ロースは蒸し焼きでタレをかけてある 麺は、モチモチな太麺 

太麺で茹で上がりに時間が掛かり 腰が強いもんだからつけ汁から持ち上げるときにペシペシ飛散るのが嫌で 秋田でも岩手でもあまりつけ麺を食べることが無い拙者であるが ここのは、出てくるのがずいぶん早くてビックリした 


11.8.24相傳②

11.8.24相傳③

佐々木家 盛岡大通店


佐々木家 盛岡大通店(盛岡市大通)で、〆のとんこつラーメンをいただきました

スープは濃厚豚骨に背脂少々 あぶら多め 麺は、加水少なめな自家製中太ストレート麺 具は、豚肩ロースチャーシューに茹でほうれん草 大判の海苔3枚


09.7.11ラーメン①

09.7.11ラーメン②


末廣ラーメン本舗 盛岡店

末廣ラーメン本舗 盛岡店(盛岡市大通)で、〆の醤油ラーメンをいただきました

スープは鶏がら豚骨 濃いめではあるが茶褐色でブラック系とは違う 麺は、加水低めの中太ストレート麺 具は、噛み応えのある豚腿肉チャーシューをスライスしたもの 麺の茹で上がりに合わせて湯通しで温めていた ドンブリから乗せ放題の小口切りの葱は青葱白葱交じり

11.7.29末廣①

11.7.29末廣②

鳥正

11.7.1鳥正①

鳥正(盛岡市内丸)で、軽く一杯

櫻山神社の向かいに位置する 酒飲みの聖地内丸を入ると焼鳥を焼く香ばしい煙と赤提灯が迎えてくれる

生キャベツとビールで喉を潤しながら オーダーを紙に書いて渡す 小振りではあるが絶妙な焼き加減で出てくる 一串平らげて流し込む冷たいビールが最高に旨い


11.7.1鳥正②

11.7.1鳥正③11.7.1鳥正⑤

11.7.1鳥正④

11.7.1鳥正⑥11.7.1鳥正⑦

11.7.1鳥正⑧

燈弥

11.1.20燈弥②

11.1.20燈弥④

燈弥(盛岡市大通)で、一杯いただきました

付け出しは汲み豆腐に麦のモロミだろうか ビールを飲み干し 日本酒に切り替えるがメニューを見ると大好きな「松の司」があるではないか まずはそこからスタートして鮟肝をいただく 柔らかく煮込んだ豚角の唐揚げは白髪葱と糸唐辛子で飾られ表面のサクサク感と噛んだ時のジューシーさが旨い 終盤に近づいた真鱈の白子は焼きでいただきました


11.8.11冷麺追加

11.1.20燈弥③

11.1.20燈弥⑤11.1.20燈弥⑥


11.1.20燈弥①

11.1.20燈弥⑦

11.8.11冷麺