ラーメンショップ平泉

09.11.28ラーメン

ラーメンショップ平泉(西磐井郡平泉町)で、ラーメンをいただきました

とんこつスープは意外にあっさりして浮かぶ背油も控えめ 麺は、中細多加水縮れ麺 具は、茹でほうれん草 海苔二枚 小さめだが3枚のチャーシュー 定番のニンニクラージャンはお好み

秋田でラーショと言えば 加水低めのストレート麺(堅麺で頼むと芯が残ってて旨い) 粘度の高い濃厚豚骨スープへ更に精製ラードと背油投入した コテコテラーメンが定番であるが 岩手に来てから入ったラーショは あっさり系が多いようだ かなり前のことだが青森も多加水縮れ麺だったような記憶がある
ドンブリはメラミン製の平丼タイプ 初期の頃秋田でもこのタイプの焼き物製を使っていたが 最近は見てないような気がする 

岩手でも 低加水ストレート麺を堅麺で コッテコッテな濃厚豚骨スープで食べさせてくれるところがないか探索中であるが ご存知の方がおられたら教えていただければ助かる 何しろラーショ中毒なもんで・・・

09.11.28メニュー

09.11.28看板

炭火炙り家 えびす

09.12.4えびす

09.12.4刺し盛り

炭火炙り家 えびす(秋田市大町) 気心の知れた秋田チームとの忘年会は大人の集まりであるからして 節度ある呑み方が心情なのだが 出てくる料理のクオリティに応じて酒のすすみ方はどんどんエスカレートしていく
炙り家と銘打つだけあって 串焼きは丁寧な仕込みが一段と美味さを増す モモは皮目でロールしたように刺してあり表面がカリカリで香ばしくジューシー こんな形の鶏肉といえば「お茶の間食堂」の定番唐揚げを思い出すが 自分で作るとしたらとにかくめんどくさそうだ
鍋の二倍はありそうな具沢山モツ鍋は 予想に反して時間が経つと ちゃんとおさまるのが不思議でならない コリコリした触感と野菜の旨みが堪らない そして〆はお決まりの「紀文」 鍋焼きうどん派と千秋麺派に分かれて美味しい一杯をいただきました


・・・・・気になる画像は 全然知らない人です。 店のトイレでなにやらモゾモゾしてると思ったら トイレットペーパーで頭をグルグル巻にした ミイラ男で出撃してきました もちろん店の女の子からは「二度と来るな!」の大合唱  

09.12.4串盛り

09.12.4モツ鍋

09.12.4つくね

09.12.4五丁目