キッチン弐

09.11.23キッチン弐3

キッチン弐(横手市四日町)で、ランチのオムライスをいただきました

二周年記念中華では 本格ローストポーク、そして今回の中華そばにはコンソメスープをブレンドしフランスパンを麩に見立てるという 楽しいアイデアで楽しませてくれた 丈屋の中華そばであるが その影にはいつも「キッチン弐」の影が見え隠れする
以前、他店のオムライスエントリーを見たヒゲさんから 「絶対食べてみろ」と言われていたのだが どうも風の便りによると 丈屋のヒゲさん以上にコワモテらしいとのこと ひぇーっ! ヒゲさんより怖そうってことは もはや プロレスの蝶野やグレートムタ並みということだろうかと一人でビクビクしていた

運ばれてきたオムライスを見てビックリ、 ケチャップライスにプレーンオムレツを載せ 更に 網目模様にケチャップソースをふり掛けてある 皿にはみ出た部分はさながら花弁の様である こんな芸術的なオムライスを蝶野やムタが作っているとはとても想像が出来ない 弐のマスターコワモテは、やはりガセネタだったか~。 もっと早く来るべきだったと後悔したのは言うまでもない

スプーンとフォークで切り開くと フワフワに空気を含み牛乳とバターの風味が漂うトロトロ卵が雪崩の様に広がってゆく ケャップソースをからめ口にはこぶと・・・かーっ、んめ~!

09.11.23キッチン弐4

09.11.23キッチン弐2

青山食堂

09.7.7ラーメンライス

青山食堂(盛岡市本宮)で、ラーメンライスをいただきました

南バイパスから少し入った郊外に位置する昔ながらの食堂風 スープは、鶏ガラ系昔ながらのあっさりタイプ 麺は、細めな多加水縮れ麺 具は、豚モモ肉チャーシュー1枚 メンマ 海苔 カマボコ 刻み葱少々 御飯は、お茶碗 山菜の小鉢とガッコがつく

入り口に掲げられた「ホルモン鍋」が気になるのだが 仕事中に食べる訳には行かないだろうし ホルモン食いながら御飯食べるのも 酒飲みとしては悲しいので持ち帰りでもあったら試してみようと思う

09.7.7ラーメン麺

09.7.7看板

焼肉三平 矢巾店

09.4.5三平メニュー

焼肉三平(紫波郡矢巾町)で、ホルモンをいただきました

岩手のblog 「カウガール日記」 に、 三平で焼肉を食べるときの服装マナーというのを見つけ(笑) ずーっと気になっていましたが 焼肉屋さんに一人ではいる度胸がなくなかなか訪問できずにいました

店内に入ると広い お座敷とテーブル席に分かれ ガス式のロースターが中央にセットされている 「カウガール日記」で見た服装は 頭にはバンダナでホッカムリ 服の上にはヤッケか雨合羽であったが こちら、矢巾店ではその格好で食べている人は一人も居なかった せっかくニット帽と雨合羽を準備して入店したのだがカバンから出すのはやめにした 石鳥谷店限定の服装マナーなのかもしれない

オーダーは、豚ホルモン焼き¥350と 御飯ではなく「めし」と呼ぶようだ おしんこ みそ汁付き¥250 合計¥600でボリューム満点なホルモン焼き定食が頂けるのが嬉しい ニンニクの効いたタレに漬け込まれた新鮮シロはほんのりピンク色 焼き始めると店内が煙で充満し始め メガネが脂で曇ってきた  
勢いにのって追加で注文した豚ミノも 艶々してキレイだ コリコリした食感がうまい 良く冷えたビールで流し込むと最高だろうが今回は 車なので飲めないのがつらい 

「カウガール日記」なおPさんへTB

09.4.5三平ホルモン

09.4.5三平ミノ

09.4.5三平めし

09.4.5三平暖簾

藤屋

09.10.30みそらーめん

藤屋(紫波郡紫波町)で、味噌らーめんをいただきました

岩手に来てから食べ歩きの参考にしている「ラーメン食べ歩記in盛岡」手羽先さんの記事を頼りに訪問 暖簾には生蕎麦とあるが メニューには蕎麦はもちろん饂飩 各種定食まで 格安メニューが勢揃いしている

スープはあっさりめの鶏ガラ豚骨 赤味噌ダレもあっさりめ 麺は、中太多加水縮れ麺 具は、ざっくり刻んだキャベツとモヤシ 人参とキクラゲ デフォルトで載ってくるのは豆板醤

blog リンクの「ぢぞう☆ぶろぐ」は、休止中の為 「あきたポタリング日記」に集約 

09.10.30麺

09.10.30メニュー

09.10.30看板

さらや

09.11.2醤油

さらや(秋田市八橋

らーめん喰い日記apteryx123さんのエントリーから「さらやそば」のバージョンアップを知り 早速訪問してきました
スープは僅かに濁りのある鶏ガラ豚骨系 麺は、加水低めの細ストレート 具は、手前から海苔 小葱 刻み玉葱 奥には、豚バラロールチャーシュー二枚 白胡麻が振り掛けられ 中央には、茹でモヤシと刻んだ揚げニンニクがトッピングされている

玉葱のシャキシャキした食感と揚げニンニクの香ばしさが癖になりそうである お盆にセットされているのは薬味の紅生姜 胡椒 唐辛子の辛味 お好みで入れると味の変化が楽しめる

らーめん喰い日記apteryx123さんへTB

09.11.2麺

09.11.2メニュー

20061123000618.jpg

20061123004434.jpg

さらや(秋田市八橋

さらやそば味噌をいただきました。

昼の11:30~13:30までは定食とラーメン、夜は馬刺しが売りの居酒屋になります。

スープはさっぱりしていながらも程よい脂が浮いています
麺は茹で加減も絶妙な細縮れ麺 具は刻んだ白ネギと万能ネギ 糸唐辛子 豚バラチャーシュー3枚
大判海苔が1枚 白胡麻少々 そしてレモンの皮スライスが4片のせられていました。

右手前小鉢には お好みの紅生姜が付きます、酸味と辛味が味をリセットしてくれ 新たな味わいを楽しませてくれました。



20061123000618.jpg


20061210205316.jpg


さらやそば醤油をいただきました

スープはわずかな濁りが見られ甘めの醤油だれとトンコツ系の脂が旨みを引き立てます、堅めで頼んだ麺は細くても腰が残り 私好みに茹でられていました。


20061210205343.jpg



20070422084231.jpg

原材料、光熱費高騰の為か大幅な価格改定があったようです08.2.12追記

2008.2.12さらやメニュー

そば処ももや

09.11.3たぬき蕎麦

そば処ももや(由利本荘市鳥海町)で、たぬき蕎麦をいただきました

11月の初めというのに日本海側は寒波に見舞われ 平地でも雪がちらついている。 貴重な休日を有効に使おうと 買い物ついでに鳥海山へ向かったまでは良かったのだが花立ハイツをすぎたあたりからあたりの景色は一変し見渡す限り吹雪となった クロカンならまだしもファミリーワゴンのエステマ号では途中の展望台までが精一杯 初雪にレオンを遊ばせ 冬景色を3枚撮っただけでスゴスゴと退散するしかなかった

矢島へ下り 向かったのは 「そば処ももや」 メニューの能書きによれば地元産の蕎麦粉を自家製粉し鳥海の冷水で〆た腰の強い麺とのこと 荒い粒子が残る挽きぐるみ二八蕎麦の様である


09.11.3蕎麦

09.11.3メニュー

09.11.3ももや