北王(盛岡)

08.10.16北王通し

北王(盛岡市南大通

ワンタンメンをいただきました


何はともあれビールで乾杯、通しは白菜七味付けと細切れチャーシュー メンマ刻みネギ少々

ワンタンメンのスープは鶏がら系の細かい旨み油の浮いた清湯 少しだけ甘みのある薄口醤油味 麺は、多加水中細ウエーブ麺 腰はやわらかめ 具のワンタンはかん水で腰を出した黄色い中華系 ナルト メンマ ロールチャーシュー一枚 茹でホウレン草 

「劇団小太り」さんが食べたのは味噌ラーメン モヤシなどの五目野菜炒めがどっさりのってて 白味噌赤味噌ブレンド風で色が薄め こちらも美味そうだった

08.10.16ワンタンメン

08.10.16ワンタンメ箸

08.10.16味噌らーめん

08.10.16北王暖簾

居酒屋大吉(盛岡)

08.10.16大吉店内

居酒屋大吉(盛岡市南大通

大きめの後頭部で特別出演の「劇団小太り」さん 盛岡に来たら「絶対ここははずせない」と力説の一軒

通しは 酢漬けコハダの数の子和え 定番のモツ煮込み 揚げたてサクサク牡蠣フライ お任せコースとの事だったが 出てくるは出てくるは 目の前にはどんどん皿が並んでいきます

隣にある老舗「北王(ペイワン)」から運ばれてきた大皿はオイスター風味の八宝菜と絶品焼き餃子 皮がパリパリ餡はジューシー、一人前6個なのでドーンと12個出てきた・・・あっはっは

秋田弁で言うところの「ガッコ盛り合わせは、胡瓜の粕漬け 大根の味噌漬け 茄子漬 白菜 ラッキョウ酢漬け

丁度 20年はしご酒祭りが開催されていた様で 片手に枡を持ったのん兵衛たちが入れ替わり立ち代り訪れ 活気のある盛岡の夜を堪能させてもらった

08.10.16モツ煮込み

08.10.16牡蠣フライ

08.10.16牡蠣フライ箸

08.10.16八宝菜

08.10.16焼き餃子

08.10.16ガッコ盛り

08.10.16大吉看板

さかえや盛岡本店

08.10.18満ニラ

さかえや 盛岡本店(岩手郡滝沢村

満州ニラらーめんをいただきました


メタボキング☆ハイキング」メタキンさんのうまそうなblogを見てよだれを垂らしていましたが やっと訪問することができました

メタキンさんへTB (行ってきたぞー)

コテコテの豚骨系かと思っていが意外にもベースのスープは透明感がある 多めに浮いている油はサラサラ 色が赤っぽいのは辣油かも知れない 見た目ほど辛くもコテコテでもなくすんなりのめる 

麺は、細めの細かい縮れ麺 堅麺コール(単に堅いのが好きなだけである) 具は、一面に浮かぶ大量の炒めたニラと細かく刻んだ玉葱 真ん中には豚肉と細切れ紅生姜がのる

08.10.18満ニラ麺

08.10.18さかえや

元祖荒磯ラーメン

08.10.1荒礒塩

元祖荒磯ラーメン(秋田市山王

荒磯塩とピリ辛ラーメンをいただきました


スープは少ししょっぱめ 僅かに濁りがあり緑色の(昆布かな)粒子が漂う 麺は中加水ウエーブ中細麺 具は、炒めたザク切 五目野菜と豚肉海鮮で塩チャンポン風

ピリ辛は、五目野菜が細かく刻まれて色の割に豆板系の辛味少々 さほど辛くはない 麺は同じく中細 ザーサイのコリコリ感が旨い ピリ辛の生たまごはYouさんの塩から頂いた

08.10.1荒礒塩麺

08.10.1ピリ辛

08.10.1ピリ辛具





荒磯(秋田市山王

味噌らーめんをいただきました。

スープは野菜の旨みをたっぷり蓄えたすっきりタイプ 麺は中太 具はキャべ地 人参 豚肉 烏賊 黒っぽいのは昆布他にも海老や帆立などの海鮮が入っていたと思いますが、だいぶ出来上がっててよく覚えていません 。

べこ花

08.9.6付け出し

べこ花(秋田市大町

一杯いただきました(9/6の蔵出し)

秋田市の歓楽街「川反通り」から赤レンガ館へ向かった角にあり 仙台風の厚切り牛タンがいただけるところです

コース料理¥3,000でしたが品数とボリューム感満点 中でも牛スジ煮込みと卓上七輪で香ばしく焼いた蟹味噌に日本酒を注いだ甲羅酒は最高でした

秋刀魚の巻き寿し、刺し盛り、焼きカレイ、牛スジ煮込み、魚の唐揚げ、七輪焼きは厚切り牛タンと生紅ズワイ蟹

08.9.6お刺盛り

08.9.6焼きカレイ

08.9.6牛スジ煮込み

08.9.6揚げ物

08.9.6焼き蟹

08.9.6焼き蟹レンゲ

08.9.6メニュー