麺、工房 まんがんや

辛味噌

麺、工房 まんがんや(由利本荘市荒町

肉味噌ラーメンをいただきました


感の鋭い人は もうお判りでしょうが・・・そう、鳥海山登山の帰り 頑張った自分へのご褒美です

`08.7.2鳥海山登山のエントリーはこちら

麺は、多加水中細ストレート スープは味噌味にピリ辛の豆板醤 具は、豚挽肉 人参 椎茸 筍 ニラ 炒めたボリュ-ム満点の野菜がドッサリ 上にコーンがトッピングしてあります

辛味噌麺

まんがんやメニュー

まんがんや看板

食菜・酒菜処【善】

温か讃岐うどん

食菜・酒菜処【善】 (大仙市大曲

鶏の竜田揚げ定食と「温か讃岐うどん」をいただきました


totoropapaさんより、「紹介したくないけど行ってみろ、混むので自分が行く12時台ははずせ」と ありがたいコメントを頂いたので早速伺いました

紹介コメントを頂いたエントリーはこちら

先に、温か讃岐うどんが小ドンブリで運ばれてきました 角ばったツルシコの生うどんは大根おろしと刻みネギでいただきます

定食は、小皿にモヤシの和え物 ガッコ ごはんと味噌汁 湯飲みには茶碗蒸し そしてメインの竜田揚げは カリッと香ばしく ほんのり酸っぱいおろしポン酢醤油で爽やかに仕上げてありました

これだけの定食が¥500でいただけるとは・・・大満足

ありがたい店を紹介していただきました 

鶏の竜田揚げ(おろしポン酢)

善メニュー

冨士食堂

10.10.12カツ丼①

冨士食堂(能代市向能代)で、カツ丼をいただきました

底が深めの重箱に目一杯詰まったご飯 揚げたての厚切り豚ロースは玉葱を敷いたフライパンで卵とじにされ 今日の青物は水菜 味噌汁とガッコが付く 甘めのダシが効いて非常に美味しくいただける・・・がっ!
ご覧の通りお世辞にも見た目は全然よろしくない 決して小さくは無い重箱なのだが上物のサイズが見当違いに大き過ぎるため こぼれそうな位はみ出して盛り付けられる 更に載り切らなかった豚カツ3本が剥き出しで鎮座し 北島三郎師匠ばりのパンチパーマがトレードマークな女将さんが「どんなもんだ」とばかりにもってくる

幾らなんでもこの盛り付けはひどすぎるだろう、 もう少し大きい皿に盛るとか載り切らなかったカツは別皿にするとか方法は無いものだろうかと一般の人は思うかもしれないが 冨士食堂マニアにとってはこの無茶なビジュアルが堪らなく嬉しいのだ


冨士食堂、過去のデータベースはこちらからどうぞ

エントリーメニュー

恐るべし中華丼、驚愕の唐揚げ定食(大サービス編)、普通の唐揚げ定食(盛りは普通じゃない)、奇跡の表面張力チャンポン、泣きのカツカレー、蒸し麺じゃないぞソース焼きそば、ドンだけ盛るんじゃーオムライス

10.10.12カツ丼②


08.8.30中華丼

冨士食堂(能代市落合)で、恐るべし中華丼をいただきました

中華丼を頼んだのだが 運ばれるてきたのは 2玉特盛り用ドンブリである このドンブリからこぼれそうだったチャンポンのエントリーと比べても遜色無い盛りはさすが

・・・とは言え、中身は 御飯と五目餡かけな訳で 質量的には ドンブリ飯2杯、上物ドンブリ2杯とかなりの強敵に分類される 左側に置いた比較用の携帯電話とラーメンスープのお吸い物椀と比べても その半端じゃない爆盛り感が解って頂ける筈である

同行の 「夏でも鍋焼き」さんは、タンメンを食べていたのだが スープは勘弁してくださいと泣きを入れた・・・無理も無い
もう一人の「反省してます」さんは、「大盛り頼んだら~♪」の誘いにのらず 平凡に焼きそば並盛りを食いやがった・・・並盛りとは言っても普通の店で言う2玉特盛りであるが あ奴は普通に平らげてしまった
どこまでも空気の読めない「KY君」は、次回の飲み会で標的になること間違いない・・・うっふっふ


冨士食堂のデータベースはこちら


08.8.30中華丼レンゲ

08.8.30中華丼完食

08.7.8唐揚げ②

冨士食堂(能代市落合)で、驚愕の唐揚げ定食をいただきました

以前までの、【冨士食堂】エントリーはこちら

そもそも唐揚げ定食は 張り出してあるメニューのどこを探しても見当たらず 昼時の忙しい時間帯に頼んでも きっと作ってくれません

どうしても唐揚げが食べたいときは、pm13:30以降 車の少ない時に訪問するといいでしょう

「おまたせー♪」 「ちょっと待たせたからサービスしておいた♪」 ご存知パンチパーマがトレードマークの気さくな絶品料理人自ら持ってきてくれました・・・

ひえーっ!

前回、唐揚げの時には 1枚の鶏モモ肉を4個に切ったものが合計8個(鶏モモ肉2枚分)とレポートしましたが 今回は、お待たせサービスのお陰(せい)で 前列に3個、2列目3列目が4個づつ 合計11個の特大から揚げが並んでいます

「いつもにも増してテンコ盛りですね」と、賞賛すると「んだーっ!(ニヤッ)」「がんばって食べてね」・・・だと

肉にはきちんと塩コショウとニンニクで下味が付けてあり サクッとした衣は、粉系ではなく卵と片栗粉を溶いたものにくぐらせて天ぷらの様に揚げてあります

一口かじると御覧の様に肉汁が「ジュワー」っと、染み出てとってもジューシー・・・絶品です

でも、さすがの私でも11個は多すぎます「おかみさん」 ひさびさに完食できず3個持ち帰らせて頂きました 

08.7.8唐揚げ①

08.7.8唐揚げ③


20071030233057.jpg


今話題の映画「HERO」を思い浮かべてください

久利生検事行きつけのバー「St.George's Tavern」

バーテンダーが 冨士食堂のママさん

久利生公平は、もちろん「俺」(笑)

俺:「か、唐揚定食ってのはメニューにないけど もしかして で、出来ちゃったりして・・・汗」

ママさん:「・・・、あるよっ」


冨士食堂(
能代市落合)で、メニューに載っていない唐揚定食をいただきました

まずは、大盛りを頼んだ訳でもないのにドンブリ一杯に盛られた新米 ワカメと豆腐が具沢山の赤味噌汁 小皿には定番の「ガッコ」  そしてメインは唐揚の大皿(爆) であります



20071030233110.jpg


参考資料「冨士食堂のカツカレー編」「焼きそば編」は、こちら


付け合せには、レタス スライス胡瓜とマヨネーズ付きのトマト2P 目玉焼き(厳密に言うと一個なので片目焼き)

今日は、夜に会合が入っているので少し切り身が小さいのだけれど(ママさんの談)・・・と言っていた唐揚 

一切れの大きさを言えば 「ありえねー!」 です。  スーパーで売られている鶏腿肉を1/4にザクッと切っただけのものが 全部で8個のっています

ニンニク強めで塩胡椒の味付けがされ 羽衣の様に薄く泡立った様な衣は 食べるとサクッと音を立て香ばしい風味が広がります

さすがの私でもこれは、やっとの事で完食 夜になっても全然おなかが減らず 晩酌の肴でさえ喉を通りませんでした



「冨士食堂」の唐揚は、まさしく絶品



注:唐揚定食はメニューに無いため いつでも食べられるとは限りません  


20071005231013.jpg


冨士食堂(能代市向能代)で、チャンポンとカツカレーをいただきました

今週は、能代での仕事が続いたため 驚愕の「冨士食堂」ニ連チャンです



冨士食堂をレポートしている人々



「こもたんわーるど」こもたんさん

「”ちょっと”いいもの見付けた」miffyさん

&-`s Blog」&-さん


チャンポンはメニューを見て貰えば判るように¥480 ですが 格安の値段にだまされてはいけません 

「はい、お待たせ」と、出てきたラーメンを見たら誰もが我が目を疑ってしまうはずです ドンブリが小振りな訳では決してありません 
普通の店で言う所の大盛りドンブリには 表面張力で何とか頑張っている具材がてんこ盛りに盛られ 今にも雪崩のようにこぼれ落ちそうです

麺は、中太縮れ麺 スープ全体が醤油味の五目野菜餡かけになっていて 「チャンポン並盛り¥480」とは、名ばかりで実際は「特盛り激熱醤油餡かけチャンポン」が正解です



20071005231025.jpg



20071005231040.jpg


カツカレー¥580、これでもかと山のように盛り込まれた御飯の上には 手の平程もある揚げたてのサクサクロースカツが鎮座し 
大皿から溢れそうなまでにかけられた カレールーはトロみが強めな中辛で豚バラ肉や玉葱がゴロゴロ入っていました

TVで良くみるフードファイターの「〇〇〇曽根ちゃん」が 食べているのに近いです この上に「大盛り」のチョイスがあるそうですが 「ルーが足りなくなるから」と、あらかじめ別ドンブリに予備のルーが出てくるそうです


幾ら大食いの私でも 今回は、泣きながら やっとの事で完食。 「冨士食堂」 強敵です



20071005231051.jpg



20071005231101.jpg



20071005231111.jpg



20071005231121.jpg


稲庭うどん(麻生孝之商店)

08.6.29ザージャー麺①

絶品料理人シリーズ 花椒が麻な 大人の本格「炸醤麺」であります

椎茸、葱、豚肉は細かめのみじん切り  まずは中華なべで豚肉を炒め 脂が透き通ってきたら 椎茸と葱を入れる 

甜麺醤、コチジャン、お酒、花椒、胡椒、砂糖、塩の合わせ調味料 一般に炸醤を作る場合は水溶き片栗粉でトロミをつけるのだが 

今回は、日本食の玉味噌と同じ手法を取り入れて 卵黄でまろやかさをつけることにした

炒めた具材に合わせ調味料を加えたら 焦げ付かないように中火で掻き混ぜ 仕上げに胡麻油少々で照りと風味をつける

うどんはご存知「麻生孝之商店」の稲庭手打百練 規定の4分茹での後 冷水でヌメリをとり キリット〆る


花椒とコチジャンが効いた 今流行の「チョイ悪おやじ風」な 「絶品炸醤麺」に仕上がった


08.6.29ザージャー麺②

08.6.29ザージャー麺③

08.6.29ザージャー麺R3


08.6.22稲庭②

師匠Xylocopal`s Photolog美味!稲庭うどんの習作であります

私のカントリーライフ」athukoさんの 稲庭手打ち百練を使っての挑戦です まずは、定番のざるうどんをつゆでいただきました

麻生孝之商店HPはこちら

当店の稲庭うどんは 職人さんの手綯いの技法による手造り品となっております。
うどんの原料は,小麦粉に食塩水を加えて混ぜ合わせただけですが、他の手造りうどんとはちがい,裁断の時以外は包丁を使わず,でんぷんをつけて 手で引き伸ばす方法なので,稲庭うどんが製品になるまでは3,4日かかります。

当サイトの稲庭うどんは、独自ブレンドの小麦粉を使い、さらに完全手づくりの製法を守り、煮込んでも煮崩れしにくい稲庭うどんをつくっています。
少人数体制ならではの技法を閲覧いただければ幸いです。

麻生孝之商店HPより引用

稲庭うどんの中でも細め 無類の堅麺好きな私は 茹で時間を2分 すぐさま凍り水にさらして〆 ヌメリをとりました  表面に透明感を持たせながら芯を残そうと思ったのですが

画像にしてみると黒い器にかかっている数本だけが 思ってた感じになってます  そっか! 下に敷いてあるのが竹のスノコじゃ うどんを透き通らせる事は出来ないんだ  

さらに、被写界深度を浅くとりすぎたため 全体的にしまりが無くなってしまった  あと少し開放側で絞れば良かったのかもしれない

これで終わらせる訳にいかないのが絶品Club 今回を教訓に リベンジするべく「怪しいレシピを」画策しております ご期待あれ

こちらは、お約束のショット 実は 飼い主に似て麺物が大好きなのです この目の輝きは お得意の「これ、食べたい光線」に間違いありません


08.6.22稲庭レオン

居酒屋 えん

08.6.25お通し

居酒屋 えん(秋田市山王

一杯いただきました


皆さんには 「タダ単に呑みたかっただけじゃないの」と言う誤解を招かない為にも この会を開くに至った経緯を説明しておかねばならない

ある日、集合時間の 13:30になっても彼 「床下探検家」さんが現れない 他のメンバーは10分前に集合し段取りや仕事の要点を打ち合わせながら待っていたのだが 「何かトラブルでも・・・」と心配になり 携帯を鳴らしてみる

すると、5回ほどコールした所で「ふぁい、もしもし」と 明らかに今 寝起きの声で電話に出た

ここは、大人な私のこと「あの~、待ち合わせの時間は13:30なんですが まだ、到着できませんか?」と 優しく聞いてみる

彼、「えっ!」「はっ!」「あいゃ~」・・・すぐ行きます

彼が、寝坊してこなかったのは今回が初めてでは無く 過去にも何度か前科を抱えている さすがに普段は温厚で通っている私でも今回は許すわけにはいかない

今回の幹事「床下探検家」さんには、開催の挨拶として原稿用紙3枚分の反省文を読み上げさせ 「二度と皆様にご迷惑を掛けるようなことはいたしません」と誓わせた 


お待たせしたが、本日のいただいた御馳走を紹介

お通しは裏巻に雲丹 帆立とアサリの甘辛煮 その下は、コリコリした食感が美味しい ボンジリ


香ばしく焼き上げたガサエビと コニコニして味がのっているコチの薄造り 下は、定番の焼き細竹

08.6.25ぼんじり

08.6.25こち

08.6.25焼きたけのこ

この人が本当に反省しているとは 未だに思えないのだが・・・

08.6.25床下探検家