お食事処 ひかりや

08.4.12こだわり親子丼

お食事処 ひかりや(秋田市山王

こだわり卵の親子丼定食をいただきました

お昼の定食は 日替わりのA,B 他に、さば味噌・ホルモン鍋・カレー・こだわり卵の親子丼定食 更に土曜日(平日13:00以降)限定の肉鍋定食を含めると合計で7種類の中から選ぶことが出来ます

こだわり卵の親子丼定食は、炒めた玉葱 椎茸にゴロッと切った鶏腿肉6個を ザクッと溶いた卵でとじてあります 画像からも判るように黄身の色あいがかなり濃く発色していますが これは わりしたの色ではなく こだわりの卵そのものの色のようです

小鉢はキンピラ、レタスとワカメのサラダ、油揚げの味噌汁、白菜ガっコが付いていました

さば味噌は、三枚卸しにしたものを粒味噌で柔らかく煮込み 大根おろしが添えられています

08.4.12親子丼箸

08.4.12さば味噌

08.4.12メニュー1

08.4.12ひかりや看板

孝百(こうはく)

08.4.3孝百

孝百(大館市片山町

ラーメンをいただきました

スープは、薄味あっさり系 細かい粒子が浮いていますが魚粉だろうか?  麺は、中太ストレート麺 鹸水(カンスイ)少なめで黄色の発色は殆んど無く腰は弱めだが その分 喉越し柔らかく通りは良い  

具は、四角く切った豚バラチャーシュー6枚 色濃いめのメンマ 小口切りのネギがどっさりのってました


【秋田うわさのラーメン‘08】でも紹介された超メジャーラーメンblog「ベルカンプの秋田・青森ラーメン巡り」を見てよだれを流していましたが やっと食べることが出来ました(喜喜)

08.4.3麺

08.4.3看板

お食事処 山根

08.3.27山根カツ丼大盛り

山根(大仙市内小友)の、驚愕カツ丼大盛り定食です 今回の挑戦者は「問答無用のヘッドコーチ藤」さん かつて かの「冨士食堂」で強物ぶりを遺憾なく発揮した猛者

運ばれてきたお盆には洗面器の様なドンブリにてんこ盛りの御飯 バランスから見て具が少ないように見えますが それは大間違い

ラーメンドンブリを埋め尽くす程の量があるのに そう見えないのは 五合はあろうかという異常な程の御飯の盛りのせいです

小鉢が4点 他に味噌汁 茹卵 ガッコが付きますが カツ丼を食べすすんでいくととても手をつける余裕などありえません(藤選手の談)

大盛りを見せ付けられた後の並盛りは可愛いもんです

影が薄くなってしまいましたが下の画像は 「ネギ味噌ラーメン」 配膳でオネエチャンが 「ライス付いてますけどよろしいでしょうか」と 突っ込みを入れてくれますが ここはやっぱり見えっ張り秋田男児ですから 「おっ、ラッキー」とか 無謀な事を言ってしまいました これが大間違い

ラーメンドンブリから見下ろして半ライス風に見えただけで まったくの並盛り 手前のドンブリが大きすぎただけでした

08.3.27山根ネギ味噌


20071206230253.jpg


大仙市で仕事が入り、「劇団 小太り」さんから「安くてすんげえ特盛りの店」があるとの情報をいただき 一緒に行ってきました

お食事処 山根(大仙市内小友)で、ねぎラーメンをいただきました

ラーメンライス定食の様に 茶碗一杯の御飯とガッコ 更に、おごそかにスタンドにセットされた堅茹で卵がお盆で出てきますが 決して定食を頼んだわけではありません

スープは、鶏ガラベースであっさり風味 麺は、中太ウェーブ麺 具は、豚腿肉 白髪葱 貝割れ 白胡麻少々

大盛りは、麺の量が「二玉っ!」(喜) ねぎラーメン大盛りでも¥600円成りというありがたい一杯でした


20071206230307.jpg



20071206230322.jpg


劇団 小太り」さんが食べたのはカツ丼定食¥700

デッカイ ドンブリに山盛りの御飯は お茶碗3倍分ほどはあり 上に載せられた肉厚の豚ロースカツも
 食べ応え十分 濃い目のタレが玉葱に滲み込み堅めの卵でとじてあります

やっこの小鉢が無いと¥500カツ丼、¥1,000を頼むと もう一枚小鉢だらけのお盆が増えるそうですが とても一人で食べきれる量ではなかったそうです(小太りさんの談)


20071206230335.jpg



20071206230348.jpg



20071206230357.jpg



20071206230409.jpg

金谷洋食堂

2008.3.16看板2008.3.16箸

金谷洋食堂(秋田市川尻) うさこさんからのご招待でお祝いの美味しいデナーをいただきました

入り口を入ると正面に大き目の相掛テーブル席、左手のカウンター席から見渡せるようにオープンキッチンが広がり 突き当たりと更に左奥にテーブル席があります

店内の照明は暗めの電球色 これがなかなか食べ歩きブロガー泣かせでありまして ISOあげてホワイトバランスを電球色設定にしても大体が 真っ黄色系に染まってしまいます

だからと言って グルメ本の取材じゃないですからフラッシュをバウンスさせて撮るわけにもいかず 仕方がないので いつものようにフリーのレタッチで ゴニョゴニョやってみましたが・・・

少しだけサシの入った馬刺しが運ばれてきました 霜降りのピンク色よりも 赤身が大好き私にありがたい一品 咬むほどに肉の旨みが染み出てきます まずは つべたいビールで一杯 鱈のホイル焼きはほのかな酸味が食欲をそそります

お次は、ヒレステーキっ! 以前牛肉を頂いたのは何ヶ月前だったでしょうか しかも 力を入れなくてもサクッと切れます・・・感激

この店の定番でもあるオムライスは1/3程の可愛いサイズ、炊き込み風のライスにトロトロのプレーンオムレツがのっています もちろん真ん中に切れ目を入れ べろんべろんと広げてからケチャップソースを絡めていただきました・・・んまぁ~い

最後のオデザは、アイスクリームに生クリーム イチゴとチョコスポンジが上にのっていますが甘さを抑えてあり 酒呑みのあっしでもすんなりと頂けました

2008.3.16馬刺し2008.3.16サラダ

2008.3.16鱈2008.3.16ステーキ

2008.3.16オムライス2008.3.16アイス