らー麺 PaoPao

20071221233114.jpg


らー麺 PaoPao(横手市平鹿町浅舞

にぼし中華をいただきました

とうとう自分でラーメンを作り始めた
「秋田のラーメン博物館」さんのところで発見っ! タイムリーに仕事が入り早速の訪問です

スープは、ベースのトンコツラードに微粉煮干しを追加した濃厚魚ダシ系  麺は、中太平打ち縮れ麺 具は、五分熟ゆで卵半分 メンマ 万能葱 刻み生玉葱 斜め切りの白葱 海苔二枚 そして三つ葉(だったかな)二枚

こげ茶色で濁りの強い強烈煮干系のスープですが ありがちな苦味やエグミ 渋みなどは感じられませんでした 

 

20071221233123.jpg



20071221233135.jpg



20071221233144.jpg

吉村家

20071219214729.jpg


吉村家(横浜市西区

ラーメンをいただきました

家系総本山と言われる名店です 

店の前には入り口を挟み両側にコの字の椅子が並べられており10人位ずつの入れ替え制になっている為 まずは券売機で食券を購入したら しばらく外で待ちます

呼ばれてカウンターに座るとお好みを聞いてくれくれるので 堅めをコール 券売機に無いトッピングは現金をカウンターにおきます

スープは褐色系白濁濃厚鶏ガラ豚骨でラードが結構浮いて僅かに焦がし風味 麺は、中太加水率低目のウエーブ麺 具は、肉の食感を残した豚チャーシューが二枚 大き目の海苔三枚 ほうれん草のお浸し少々



20071219214740.jpg

BAR JAH

20071219210124.jpg


BAR JAH(秋田市大町)で、つけ麺をいただきました

以前から
「ベルカンプの秋田・青森ラーメン巡り」で その存在は知っていましたがやっとの事で訪問する事が出来ました

浅草開花楼の太麺は「絶品料理人シリーズ」でも創作しています 興味のある方はこちらからどうぞ


「本格四川風汁なし坦々麺(絶品料理人シリーズ)」

「榨菜入り上海炒麺(絶品料理人シリーズ)」


麺は、ご存知極太の縮れもちもち麺に 貝割れ大根がのっています 
「みちのく太り旅♪」いのじさんの画像にはあった柚子胡椒は見られません 

つけダレは、魚系を前面に出した濃厚風味 刻み葱が浮いて濁り強め わずかに焦げ味が感じられます

秋田では、あまり出会うことのない開花楼の極太つけ麺が 夜の川反で味わえるとは・・・


20071219210138.jpg



20071219210154.jpg


繁昌軒本店

2007.12.7繁昌軒本店ラーメン

繁昌軒本店(大仙市大曲

中華そばをいただきました

スープは鶏ガラ煮干昆布系 麺は、中細目のストレート柔らかめ 具は、小さく切った海苔 細めのメンマ 麩 ちっちゃい豚腿肉チャーシューが二枚 

繁昌軒支店(若竹町)の本店にあたりますがスープの濃さやチャーシューの具合など微妙にその店の特徴が出ています

2007.12.7繁昌軒本店麺


2007.12.7繁昌軒本店暖簾

ファミリーレストラン123

20071209215949.jpg


ファミリーレストラン123(
にかほ市象潟

黒胡麻坦坦麺をいただきました

スープのベースはガラ系で白濁はないが 白胡麻とのブレンドなのか僅かに灰色 ラー油の赤みと黒胡麻の粒が表面に浮かんでいます

麺は、中太多加水縮れ麺 透明感があり喉越しツルツル 具は、甘辛に味付けた豚挽肉 青葱の混じった白髪葱(厳密に言うと白髪葱ではない)刻み葱と糸唐辛子

インパクトのある赤黒いスープの色のワリには、辛味や麻が強烈なわけではなくマイルドにいただける一杯でした



20071209220002.jpg



20071209220038.jpg



20071209220047.jpg

がん子ラーメン

20071209103820.jpg


がん子ラーメン(潟上市天王

タンメンをいただきました

ザックリ切った野菜と豚バラ肉を中華なべで炒めたあとに あっさりスープを投入して旨みを引き出してあります 色は、僅かに褐色ですがベースの濁りは少ない

麺は、中細多加水ウェーブ麺  野菜タップリでボリューム満点のタンメン 大盛り1.5玉でも¥600とありがたい一杯でした

店名が気になっていましたが 作っているおじさんは、少しも「頑固」ではなく 気さくで優しそうでした ご安心を。


20071209103830.jpg



20071209103838.jpg

五拾五番

20071201074748.jpg


五拾五番(湯沢市横堀旭町

ラーメンをいただきました

湯沢での仕事が入った為, いつも参考にしている
【ベルカンプの秋田・青森ラーメン巡り】ベルカンプさんの所からピックアップでの訪問です

ベルカンプの秋田・青森ラーメン巡り】ベルカンプさんへTB

スープは、鶏ガラ豚骨系と思うが濁りは無く 甘味があり醤油の色濃い目 見た目 表面がクリアーなのは結構多めにラードの油膜がはっているからのようです

麺は、中太多加水僅かにウエーブ麺 具は、豚腿肉チャーシュー2枚 麩 刻み葱 メンマ 海苔一枚

表面にかけまわしてあるの褐色の液体はアクセントのタレか香味油だと思いますが熱々で良く解りませんでした

そうなんです、スープの表面がラードの幕で覆われている為 一筋の湯気もたっていません 一口目から最後まで「ずーっと、ずーっと」舌を焼けどしそうになる位「激熱っ!」なんです 要注意(笑)



20071201074758.jpg



20071201074809.jpg

大須賀食堂

20071129073924.jpg


大須賀食堂(能代市河戸川

ラーメンをいただきました

スープは醤油色濃い目ですが甘味のある鶏ガラ系で塩っぱくはありません 麺は、中太多加水縮れ麺 具は、ナルト メンマ 海苔 豚腿肉チャーシュー一枚

店の入り口、郵便受けの上に【郵便配達員休憩所】のプレートを発見しました  この日残念ながら配達員は見かけませんでしたが・・・(爆) 

私が能代に住んでいた頃から殆んど変わらない 昔からの根強い人気店



20071129073933.jpg



20071129073942.jpg



20071129073951.jpg

らーめん創房 「玄」

20071128222710.jpg


らーめん創房 「玄」(東京都品川)シーフォートスクエア

玄流塩ラーメンをいただきました

スープはあっさりめで僅かに褐色の濁り 麺は、多加水細縮れ麺腰は弱め 具は、チャーシュー二枚 メンマ 水菜 岩海苔 堅茹での味玉 小口切りの葱 焦がし葱少々

拙blogは、取材ではないので原則 出てきたままの状態を撮りますが 今回の、具材のレイアウトとドンブリの周囲に飛び散ったままの素ダレにビックリ・・・



20071128222722.jpg



20071128222759.jpg



20071128222810.jpg


伊原純平

20071125205355.jpg


伊原純平(にかほ市象潟町

ラーメンをいただきました


スープは鶏ガラベースで少し甘め 醤油ダレ濃い目ですが濁りは見られません 麺は中細平打ちで細かい縮れ麺 堅麺で頼むと腰が残り食感が楽しめます 具は、メンマ 小口切りの葱 豚腿チャーシュー3枚

象潟とは言っても殆んど山形県遊佐との境に位置する小砂川にあります 場所柄酒田月系の手打ち麺かとも思いましたが平打ちでした

ドンブリの模様は、「龍に喜」縁取りの朱は殆んど消えかかっていますが これこそが永年に渡って愛され続けてきた名店の証です
 

20071125205404.jpg



20071125205412.jpg



20071125205421.jpg