せたが屋 品達

20071123221936.jpg


せたが屋 品達(港区高輪

らーめんをいただきました

スープはトンコツ鶏ガラとのブレンドですが魚介系が前面に出た茶褐色でわずかな濁りがあります 麺は、中太ウェーブ麺で加水率低め 具は、メンマ 海苔 豚バラロールチャーシュー一枚 刻み葱少々

他に麺が平打ちの太麺を使った「ひららーめん」もあるようですが そちらはモチモチ感が更に強くなっているようでした

濃厚な魚ダシと腰の強い低加水麺の相性が抜群な一杯をいただきました

以前、お土産箱麺で食べた
「せたが屋」はこちら  


20071123221945.jpg



20071123221959.jpg



20071123222009.jpg

お茶漬け処 新和

08.9.30ハラス茶漬け

お茶漬け処 新和(秋田市大町

ハラス茶漬けをいただきました


表面をパリパリに焼いたハラスを御飯に載せ 箸でほぐします ミョウガとアラレ 溜まり漬けとミツバ 山葵は全部入れてはいけません 「明日八森」さんは全部入れてしまい涙を流しながら食べていました(笑)

あとは急須の京だしスープを静かに注ぎ「グワーッ!」 とかきこみます 香ばしく焼けたハラスが最高でした

08.9.30ハラス茶漬けスープ


2007.11.20新和バーナー


お茶漬け処 新和(秋田市大町)で、豚骨ダシのハラス茶漬けをいただきました


かなり出来上がっていた為、場所はサッパリ解りませんが 川端界わいでは密かなブームになっているようなので「オネエチャン」に聞いてくれれば辿り着けると思います

追記、店の場所が判明 いつもの様に店名の後にリンクしました

この店の特徴は何と言ってもだしの多さにある 京風だしをはじめに 塩だし 味噌だし トンコツ 唐辛子 煎茶 ほうじ茶 ウーロン茶 更に多彩なトッピングと組み合わせる事が可能になっています


私のオーダーは、 焼きハラスのトンコツだし 早速網に挟みバーナーで炙りはじめました 薬味は、お好みで入れてもらえるようにと小分けになっていて 
焼きあがった魚と スープが入った急須 御飯は刻み海苔だけが上にのった状態で出てきます


一揃い上物を載せたらスープをかけまわしていただくスタイルは経験がありませんでしたが なかなか良いもんです

脂ののったハラスとカリッと香ばしく焼けたパリパリの皮 あっさりめのトンコツスープでかき込む絶品な一杯をいただきました


2007.11.20新和ハラス2


2007.11.20新和ハラス3


20071121204537.jpg


2007.11.20お茶漬け処新和看板

酒菜屋 仰山(あおやま)

20071227161611.jpg


酒菜屋 仰山(
秋田市大町

明け方まで営業している為 お店をあがった「オネエチャン」に大人気の隠れ家的居酒屋です

この日は早い時間の開始なので殆んど貸切状態 気のおけない仲間たちと十分楽しませていただきました

一本目は、持ち込みの 出羽鶴・活性純米にごり酒「Fukuro-x(ふくろっくす)」 炭酸ガスが発生している為 シャンパンの様な口当たりが楽しめました


20071227161619.jpg



20071227161627.jpg



銀鱈の焼き物と鰻、セロリの酢漬け 



20071227161636.jpg


20071227161715.jpg


赤身の綺麗な馬刺しと鹿児島の芋焼酎 「黒財宝(くろざいほう)」



20071227161657.jpg



20071227161707.jpg



20071227161723.jpg

紅龍擔擔麺

20071118213415.jpg


出張ラーメンシリーズ其の弐は、大森のホテル近くで見つけた一軒

紅龍擔擔麺
大田区山王

紅龍坦坦麺をいただきました

スープは濃厚芝麻の豚骨系 麺は、博多ラーメンで御馴染みの低加水極細ストレート麺 具は、テンメン醤で甘辛く味付けがされた多めの挽肉 
茹でチンゲン菜 もやし 刻み葱少々 ラー油は 後からかけ回してありました

あっさり目の博多ラーメンに濃厚芝麻とピリ辛ラー油を追加したような感じで 新鮮な食感が嬉しい一杯でした



20071118213427.jpg



20071118213438.jpg



20071118213448.jpg

らーめん潤 蒲田店

20071118204523.jpg


出張らーめんシリーズ 其の壱は いつもの蒲田からですが 今回、ホテルが取れなかった為同僚と食事の後で もう一駅移動しなければなりません

生粋の田舎者なので 行った事のない町へ踏み込むには相当の覚悟が必要なんです(アセアセ)

らーめん潤 蒲田店(
大田区蒲田

らーめん脂少なめ麺堅めをいただきました


スープは豚骨、煮干し昆布系 白濁はしておらず以外とあっさりめ 麺は、極太でモチモチした食感が嬉しいウェーブ麺 
具は、岩海苔 メンマ 豚バラ肉ロールチャーシュー 小口切りの葱少々 そして大き目のみじん切りにされたピリ辛の生玉葱が結構多めに載っています

新潟発祥の背脂ラーメンは、煮干しのダシと玉葱の辛味が前面に出た強烈な一杯でした



「らーめん潤」のHPは、こちら



20071118204540.jpg



20071118204617.jpg



20071118204554.jpg

みそ屋 麺助

20071114205349.jpg



みそ屋麺助(
山本郡三種町

赤味噌らーめんをいただきました

席に着くと お茶と一緒に秋田市内の某とんかつ屋さんの様な 小さいすり鉢に煎り胡麻がセットされて出てきました

コリコリと胡麻を擂りながららーめんの到着を待ちますが  本日は、助手が同行している為 いつもより念入りに擂らせてもらいました


いやー、らくちんらくちん



20071114205407.jpg


スープは豚骨系ラード濃い目ですが白濁は弱め 赤味噌の濃厚さとマッチしています

麺は、中太僅かにウェーブした多加水麺 具は、幅広のメンマ 小口切りにスライスした多めの青葱 モヤシ 豚バラ肉ロールチャーシュー一枚 

後から運ばれてきました おろしニンニクと辛味 擂りたての白胡麻少々を追加

スープの表面はラードの膜が張り 湯気がたっていません これからの季節にありがたい熱々コッテリな一杯でした



20071114205422.jpg



20071114205438.jpg



20071114205455.jpg

だるまや

20071113075039.jpg


弘前ミッションも本日で めでたく完了となり まだまだ、訪問したかった店はありますが 次回、訪問時の楽しみとしてとっておきます

いつもの 我らがベルカンプさん
【ベルカンプの秋田・青森ラーメン巡り】のデーターベースを読み漁り選んだののがこちら

だるまや(
弘前市早稲田)で、みそラーメンをいただきました

スープは、乳白色強めでトロトロする位に濃厚なブレンド系(濃度の割に塩っぱくは無い)煎った白胡麻が多めにかけられています
麺は、味噌ラーメンにピッタリの太め縮れ多加水麺 具は、モヤシ ワカメ コーン チャーシュー一枚 小口切りの葱少々

一口すするとニンニクの味が結構強めに感じられますが・・・ あっ、メニューに無臭ニンニク使用と書いてありましたね

ここもまた前回の弘前編同様 みそラーメンの中ではかなり強烈な一杯にはいると思います


津軽のラーメン堪能せていただきました。



20071113075049.jpg



20071113075058.jpg



20071113075108.jpg

マルタマ

20071111112042.jpg


元祖十文字中華そば マルタマ(横手市十文字

中華そばをいただきました

スープは透明感があり あっさりした煮干し系 麺は、細めの平打ち縮れ麺 具は、麩 細長く切った海苔 メンマ 蒲鉾 豚腿肉のチャーシュー一枚

僅かに醤油の色が濃い目かもしれませんが しょっぱさは感じられませんでした



20071111112052.jpg



20071111112105.jpg



20071111112115.jpg

たかはし中華そば店

20071105074128.jpg


たかはし中華そば店(弘前市撫牛子

中華そばをいただきました


スープは黄色というよりも緑色に近い茶褐色で透明度はまったく無い 脂系の浮きも無く意外とベースはあっさりしているのかもしれない
表面には黒いツブやキラキラ輝く物が沢山浮いていて まるで粉末状に砕いた大量の煮干しをスプーンで大盛り3杯ほどドンブリに入れ スープで溶いたかのようである
当然、煮干しの濃厚な旨みとともに渋みやエグ味、苦味までもが強烈に前面に出てきている

麺は、中太僅かに縮れ麺 表面がつるつるで喉越しが良いです 具は、スライスした豚腿チャーシューが一枚 色濃いめでしっかり味のついたメンマ少々 小口切りの青葱が多めに載っています

今回も「ベルカンプの秋田・青森ラーメン巡り」ベルカンプさんの記事を参考に訪問しましたが 噂通り、いや 噂の何倍もの強烈煮干中華の存在に衝撃を受けました


20071105074136.jpg



20071105074146.jpg

やまや

20071101234309.jpg


やまや(弘前市和徳町

ラーメンをいただきました

仕事の都合で弘前に行く事になり どうせならと リンク【
ベルカンプの秋田・青森ラーメン巡り】ベルカンプさんの情報を見て訪問です

 スープは濃い目の煮干しダシがガツンと効き 僅かな濁りがあります 麺は、中太平打ち縮れ麺 腰は柔らかめ 具は、甘じょっぱく煮た豚腿チャーシューが5枚 メンマと小口切りの青葱が載っています

外から見て、看板も店名を書いた暖簾も見当たりませんが 確かに「ベルさん」や「津軽のラーメン好き」の皆さんが絶賛するのも うなずけます

なんだか土崎にあった「味楽」を 思い出させる味でした じっちゃん、ばっちゃん 再開してくれないかなぁ~(哀愁)


20071101234325.jpg



20071101234334.jpg