角館大勝軒の中華そば

17.4.15中華①


角館大勝軒(仙北市角館)で、中華そばをいただきました

スープは、澄んだ鶏ガラ豚骨に煮干しブレンド 麺は、多加水太めの中太 具は、ナルト 豚もも肉チャーシュー 茹で玉子 メンマ 海苔 小口切ネギ 表面に浮いているキラキラは、具材を全部盛り付けた時点で熱々に熱した旨み油をジュワーっと廻し掛けしてあります。つけ麺は並盛250gとの事だが 中華は それ程 量は無いので食いしん坊なら大盛をお勧めする。


17.4.15中華②

17.4.15中華③

17.4.15中華④



麺屋 風よおしえて

17.3.17醤油ラーメン①



麺屋 風よおしえて(仙北市角館町)で、鶏だし中華そば醤油をいただきました

スープは、澄んだ鶏ガラメインの旨み濃厚 麺は、多加水中細わずかにウエーブ 具は、豚バラチャーシュー 麻竹メンマ 半熟ゆで卵 水菜 小口切ネギ少々 ギタースタンドにはギブソンでした(プチ情報)



17.3.17醤油ラーメン②

17.3.17醤油ラーメン③

17.3.17醤油ラーメン④


麺屋にぼすけ本舗

16.12.3特中華①

にぼすけ本舗美郷店で日替わり特中華をいただきました

スープは、澄んだ濃厚煮干しに濃い目の鶏油 麺は、角の立った多加水細ストレート この麵は固めでサクサクした食感でいただきたい 具は、メンマ 味玉 味付け海苔3枚 ナルト チャーシュー 小口切ネギ 堅麺コールしたが 先客の2麺と同じ茹で時間で湯切りしてたので 具材は後回しにして麺だけをひたすら早食いしてみたが時遅し サクサク感は無くなってた  

12月に入ったというのにバイクを乗っている強者を こいつら狂っていると思っていたが 久々の陽気に惑わされ六郷まで出張ってしまった年寄りライダー 行きはよいよいでしたが 帰りは暗転 鼻水垂らしながらの帰還となりました。

16.12.3特中華②

16.12.3特中華③

16.12.3特中華④



13.9.1にぼすけ①

麺屋にぼすけ本舗(仙北市美郷町)で豚骨煮干らーめんをいただきました

スープは、サラサラした豚骨に大量の煮干し魚粉 麺は、多加水中太もみ麺 具は、メンマ ナルト 海苔 豚バラ肉チャーシュー 小口切り葱

ふるさと村へドライブの帰り 確かここら辺に丈屋が・・・と思って寄ったら にぼすけ本舗に代わっていました 


13.9.1にぼすけ②

13.9.1にぼすけ③

麺のご馳走 花うさぎ

16.10.20こくまろ①

こくまろ豚骨であります

スープは、豚骨メイン 麺は、多加水太め 具は、どっさり茹でもやし メンマ 海苔 玉ねぎ カイワレ 低温調理チャーシュー

13.6.4魚介鶏だしらーめん①

麺のご馳走 花うさぎ(仙北市角館町)で、魚介鶏だしらあめんをいただきました

スープは、あっさりめの鶏だしに魚介ブレンド 麺は、多加水中太 具は、メンマ 白葱 かいわれ 海苔 そして生ハムみたいに仕上げた豚


13.6.4魚介鶏だしらーめん②


13.2.9和え麺①

麺のご馳走 花うさぎ(仙北市角館町)で、和風香味あえそばをいただきました

麺は、多加水ストレート太麺  具は、ハムのように仕上げたチャーシュー 胡椒を効かせて炒めた鶏そぼろかな 茹でモヤシ カイワレ大根 白葱 海苔 右上にあるのはおろし大蒜 小さい椀にスープが添えられるが どんぶりに投入してスープラーメンにしても美味しいと薦められました


13.2.9和え麺③

13.2.9和え麺②



13.1.17豚骨魚介らあめん①

麺のご馳走 花うさぎ(仙北市角館町)で、魚介豚骨らあめんをいただきました

スープは、魚介と豚骨のダブルスープに更に魚粉を追加した醤油味  麺は、自家製中太多加水ストレート 具は、豚肩ロースのペッパーハム メンマ カイワレ大根 海苔 小口切りの葱 デフォルトで粗挽き胡椒少々


粘度のある濃厚スープは魚粉の粒子が残り カイワレの辛味 ハムの味が濃いめなのとスパイシーなペッパー いろんなところからインパクトのある味が楽しめる一杯でした

13.1.17豚骨魚介らあめん②

13.1.17メニュー

13.1.17看板

珍来飯店

09.7.3珍来麺


珍来飯店(仙北市田沢湖)で、珍来メンをいただきました

スープは中華料理店らしい澄んだ鶏ガラトンコツ系 ダシが効いてる 麺は、加水低め中太縮れ麺 具は、白菜の短冊 玉葱 人参 インゲン 豚挽肉のピリ辛餡で絡めてある
場所は田沢湖駅前を左に曲がり 踏み切り越えると見えてくる 「二ツ井の万福食堂」と同じように忙しい時間帯に行くと「時間かかるよ」といきなり言われる 愛想の無い言い方だが意外なことにそんな所に旨い店が潜んでいるのも否定できない

仙岩峠越えで秋田に入るとき には是非通いたい一軒である

09.7.3麺

09.7.3餡かけ

09.7.3メニュー

09.7.3看板

15.11.2珍来丼

珍来麺の上物を御飯にのっけた珍来丼 スープもついて¥580とコスパ高い

辰子ラーメン

15.7.19辰子ラーメン①

田沢湖湖畔にある辰子ラーメンであります

スープは鶏がらベース 麺は、多加水細め 具は、山菜水煮 豚腿チャーシュー メンマ かまぼこ ゆで卵は半分に見えるが なつかしのスライサーで薄く切ってある 葱少々

youさんとは二度目の田沢湖ツーリングですが 前回は 途中給油後の発進で立ちゴケして意気消沈 湖畔でうなだれていました。今回は、タンク満タンにしてたので余裕かと思いきや 長い昇り急坂で路線バスの減速にシフトダウンが追いつかずエンスト 更に坂道発進が上手くできなかったらしくミラーから消えてしまった 拙者が戻り バイクを平坦なところまで移動 テクテク歩いてyouさんをタンデムで運ぶ 

FZR250の前方にワンボックスが止まり 家族4人が写真を撮らせてくださいと言う 聞けば 奥さんが同型の黒を乗っていたので 27年前のバイクが現役で走っているのに感動したそうだ。ははは

帰りは交通量の少ない県道60号を国道105号に抜ける 


15.7.19辰子ラーメン②

15.7.19辰子ラーメン③

15.7.19辰子ラーメン④


にぼし屋

15.4.25にぼし屋①

にぼし屋(
仙北市角館町

観光地ですからお花見期間限定で中華そばのみの営業でした

にぼし濃厚なスープに細ストレート麺 具は、ナルト ほうれん草 海苔 メンマ 豚モモチャーシュー 葱少々


復活を強く願っていた極上煮干中華そばの名店「にぼし屋」 方向性が少し変わってしまったが 美味しい中華であることに代わりは無い

15.4.25にぼし屋②


15.4.25にぼし屋③





にぼし屋 (仙北市角館) 最高の手打ち中華でしたが残念ながら閉店、再開希望!

2008.3.26 和紙で作った看板画像を発見、追加しました にぼし屋HPと地図のリンクを削除

手打ち中華そばをいただきました。

鶏がらスープと店名にもある 煮干のだしがブレンドされ僅かに甘味があり 麺は中太平打ち乱切りを手もみでウエーブがつけられています。

 具は、トロ熟味玉半分 薄味のメンマは、醤油ダレを変に邪魔せず 刻みネギ 海苔が一枚 豚バラチャーシューは表面だけ炙ってあり 香ばしさが堪りません。


IMG_0415.jpg

みちのく食事処

12.10.14みちのく①

みちのく食事処(仙北市田沢湖

昨年秋に辰子姫像のへながを見に行った時にいただいたごちそうだったと思います

天丼とお蕎麦のセット、親子丼、ハンバーグ単品 

12.10.14みちのく②

12.10.14みちのく③

12.10.14みちのく④

12.10.14みちのく⑤

十割そば処 そば五郎

11.6.24ラーメン①

十割そば処 そば五郎(仙北市田沢湖)で、ラーメン五郎をいただきました

田沢湖駅前の物産館「田沢湖 市(たざわこいち)」の中にある お蕎麦やさんですが 毎月22~24日の3日間限定でラーメンを提供してくれるとの噂を聞きつけ早速行ってきました

十割そば処 そば五郎のHPはこちら

スープは背油が浮いてはいるものの意外にあっさりして味は少し濃い目 この日の麺は、店主におめでたい事があったそうで紅白の二色麺 具は、茹でもやしとキャベツがこれでもかとそびえ立ち 山頂には刻んだ青葱と刻みニンニクがのる 豚は、厚切りのが一個


11.6.24ラーメン②

11.6.24ラーメン③

11.6.24ラーメン④

La_Fuga (麺処 風雅)

10.3.31豚骨らーめん

10.3.31時点での豚骨らーめんです

スープは白濁豚骨と魚介系の合わせスープに背油が浮かび 以前、いただいた粘りのあるスープから大幅な変貌を遂げました 麺は、腰のある自家製麺の低加水中細ストレート


10.3.31豚骨麺


20080229231915.jpg


La_Fuga 風雅(仙北市角館町)で、メニューに無いとんこつラーメン かつお風味をいただきました


小京都 La_Fugaのページはこちら


スープはとろみのある濃厚タイプですが脂の処理がしっかりされている為 しつこさや変な臭みはまったく無く 後味もすっきりしています

麺は、通常の細めストレート玉子麺 角の立った自家製麺は、とんこつスープとあわせても抜群の食感で楽しませてくれました

具は、メンマ 肉の旨みを閉じ込めたチャーシュー 海苔 刻み葱少々

「サタナビ」でも紹介された注目の火降りラーメンは、更にパワーアップバージョンした天然ウド カスベ 山菜 キノコ入りのご当地スペシャル「おまかせ火振り超人ラーメン」も出来るそうです



La_Fuga 風雅、以前のエントリーはこちら



20080229231924.jpg



20080229231932.jpg



20080229231943.jpg



20080229231952.jpg

20071202093107.jpg


La_Fuga(仙北市角館町)で、11/18よりメニューに加わった新味塩ラーメンをいただきました

スープは、鶏ガラベース ドンブリの底まで見えるほどの透明感がありながら その味は極めて濃厚 表面に上質の旨み油がきらめく まさに,黄金のスープ

麺は、卵を練りこんだ中細で腰の強い自家製ストレート麺 具は、しっかりとした食感と肉の旨みが閉じ込められた豚肩ロースチャーシュー一枚 刻み葱 ピリっとしたアクセントの貝我大根 海苔 貝の小柱が5個入っています

店内の黒板には、足踏み手揉みの手打ち麺新発売や火振りラーメン試作中の告知があり いよいよ目の離せない一軒になりました


【小京都角館 La_Fuga】のblogは、こちら


以前、テイクアウト用の生めんを使った「絶品料理人シリーズ」で紹介しましたが いよいよ
La_Fuga Web Shopでの提供がはじまりました


La_Fuga Web Shop】は、こちら


イタリアンの本格生パスタを使った創作料理や濃厚煮干だしの絶品中華が家庭でもいただけます 是非、お試しください


「La_Fugaのテイクアウトで作る絶品中華そば」(絶品料理人シリーズ)はこちら



「La_Fugaのテイクアウトで作る新鮮蛸パスタ」(絶品料理人シリーズ)はこちら



20071202093127.jpg



20071202093136.jpg



20071202093145.jpg




La_Fuga様より 停滞していたblogの再開とネットショップ開店のお知らせをいただきました

以下、「小京都 La_Fuga」 blogより引用

1986年!みちのくの小京都と呼ばれる、角館という小さな町でイタリア料理店を開店し、21年目になりました。イタリアで食べた生パスタの食感が忘れら れず、数年前に購入した製麺機で色々パスタを試作するうちに、ラーメン、そば、うどんなどにも興味を持ち、はじめ隠れメニューであごだし中華そばを提供し ていましたが、わざわざ食べに来てくれるお客様も増え、現在はパスタと肩を並べ、中華そばも堂々メニューの登場しています。
ブログではお店のメニューやおいしい食材など色々紹介していきます!普段のメニューにはないものも色々登場しますが、ぜひこれが食べたい!というお客様は事前にご連絡いただければご用意いたします。

ネットショップではたくさんのお客様にご好評いただき、全国からお問い合わせもいただいている商品を販売します。現在当店は昼間のみ営業ですが、これからは全国どこでも、ご自宅で当店の味を楽しんでいただけます!どうぞご利用ください。

仙北市角館町小館34-8 角館駅より徒歩15分 0187-54-2784 月曜休み

「小京都 La_Fuga」blogは、こちら

「小京都 La_Fuga」ネットショップはこちら

麺処 風雅(
仙北市角館町)で中華そばをいただきました

実はここ la_fuga と言うイタリア料理レストランでありますが  裏メニューから昇格したと言う中華そばも頂ける店です、今回はラーメンをいただいたのであえて 麺処 風雅としました

スープは、濃厚な アゴ(飛び魚)の煮干ダシが最初にガツンと響き 濃い口醤油ダレは 画像での色は濃い目ですが  しょっぱさは無く綺麗に澄んでいます

自家製の角張った中細ストレート麺は腰が強く 小麦の味が楽しめます、具は、海苔が一枚 その下に薄め短めのメンマ 刻みネギ少々 肉の食感を残した絶妙な煮加減のチャーシューが豪勢に三枚

濃厚な煮干しダシと大好きな固めの麺が嬉しい一杯でした


20070408203449.jpg



20070408203459.jpg

かしわ家

09.2.14白味噌

かしわ家(仙北市西木町)で、白みそラーメンをいただきました

スープは濃厚で粘りのある豚骨系 御覧の様に白味噌ダレが、かなり濃いが塩分はそれ程きつくない 麺は、中太多加水ウエーブ プリプリした食感で味噌味に合っている 具は、柔らかく煮たモヤシとキャベツ 麩海苔とワカメ 沢庵みたいに黄色いメンマ 豚バラ肉をとろけるくらいに軟らかく煮たチャーシュー3枚 小口切りの葱と刻み青葱少々

文明の利器、カーナビを駆使して向かったところ46号線から341号105号と田沢湖を半周させられ なんだかエラく遠回りした気がしたが 地図で確認してみると 盛岡側からなら最短のようで感心させられた
西木町から阿仁へ抜ける105号を 殆んど「大覚野峠」の手前まで進んで行き西木内中学校の近くあった

09.2.14白味噌麺

09.2.14調味セット

09.2.14メニュー

09.2.14看板

らーめんゃ玄

09.1.22ネギ辛味噌ラーメン

らーめんゃ玄(仙北市田沢湖卒田

ねぎ辛味噌ラーメンをいただきました


スープは豆板醤を効かせたピリ辛赤味噌 麺は、多加水中太縮れ麺 具は、豚腿肉チャーシュー メンマ トロトロの半熟味玉 ドッサリと盛られた白髪葱は太めに刻みラー油で和えてある

味玉の白身を見ていただきたい 濃い褐色に染まっているのは表面から2mm程度であり 中までは染まっておらず それでいて黄身は絶妙な半熟 凝固も始まってはいない

湯で   茹で時間は5.5~6分 流水で荒熱をとり殻を剥いたら濃い色の醤油ダレ(常温)に短い時間漬け込んでいると思う 作ってみれば判るが 冷蔵すると黄身はゼリー状に固まってしまうのだ

09.1.22ネギ辛味噌麺

09.1.22玄メニュー

09.1.22玄看板

伊藤

08.12.22ラーメン

伊藤(仙北市角館町

中華そば2008年バージョンをいただきました


スープは少し濁りのある濃厚魚だし系だが変なえぐみは感じられない 醤油ダレの色は濃いめ 表面に浮かぶのは煮干の鱗と思われるキラメキと刻みトウガラシ 麺は、低加水中太ストレート 具は、葱と玉葱のみ

おおよそ手の込んだスープとは言いがたい微妙に濁ったスープ まるで茹で時間を間違えたかのような半生系のバギボギ自家製麺は無造作にどんぶりへ投入しただけで箸ですくい上げ揃えようともしない 更にスープの量が少ない為 麺の1/4は表面から出たまま お世辞にも丁寧な切り方とは言えない不揃いな刻み玉葱とつながったままの小口切り?の葱

ラーメン界の偉人は 美味しいラーメンを作るには「豚ガラ、鶏ガラ、人柄」が大事と言ったが 無骨で愛想のカケラもない接客態度

ところがドッコイ、世の「伊藤フリーク」と同じ様に気が付けば足が向いてしまう 見た目や理屈では理解することの出来ない不思議な魅力に 私も惹きつけられてしまったのかもしれない

08.12.22麺

08.12.22スープ

08.12.22食券

08.12.22入り口





伊藤(仙北市角館町)で、そばをいただきました

スープは強めの煮干しダシがメイン 透明度は少なく大量の魚粉がどんぶりの底に沈み 刻んだ鷹の爪が浮いていました

麺は 角張った中太ストレート 食感は腰が強く濃い目のダシに程よく絡み合います

具は、白ネギ2欠け 青ネギ3欠けしかありませんが決して忘れたわけではありません メニューにも確かに「そば」「肉そば」とありますから・・・ははっ



20070410000214.jpg



20070410000232.jpg

お食事処 くいしん坊

20070710231128.jpg

お食事処 くいしん坊(仙北市角館

トントロ丼とラーメンのセットをいただきました

スープは昆布系の甘味としょっぱめの濃い口醤油が前面に出てきます 麺は中太縮れ麺 具はチャーシュー一枚 メンマ 小口切りのねぎ少々

トントロ丼はご飯の上にキャベツの線切りを敷き詰め 甘辛のタレで炒めたトントロが 6 個載っています

今日の秋田は気温もうなぎのぼり 塩分とスタミナの補給には丁度な一杯でした



20070710231143.jpg


20070711075829.jpg