拉麺太极

17.6.21背脂煮干し①

拉麺 太扱(紫波郡紫波町)で、期間限定 背脂煮干し中華そばをいただきました

煮干しベースのスープにやわやわに煮込んだ背脂チャッチャ 麺は、モチモチ食感多加水太麺僅かにウエーブで250gとボリューム満点 具は、豚バラチャーシュー 太めの麻竹メンマ 小口切りネギ


17.6.21背脂煮干し②

17.6.21背脂煮干し③

17.6.21背脂煮干し④

17.6.21背脂煮干し⑤

17.6.21背脂煮干し⑥




14.11.11鶏鰹①

拉麺太极 (紫波郡紫波町) 移転新店舗開店

お気に入りの鶏鰹をいただきました スープは鶏がらベースに鰹風味 麺は、細ストレート 具は、豚バラチャーシュー 極太メンマ 海苔 刻み葱 以前と変わったのは深型丼 粘度 単価 看板だった煮干中華は後日再開予定らしい

残念ながら以前レジで販売していた乾燥メンマは無かった

14.11.11鶏鰹②

14.11.11たいじ③


14.11.11鶏鰹①

拉麺太极 (紫波郡紫波町) 移転新店舗開店

お気に入りの鶏鰹をいただきました スープは鶏がらベースに鰹風味 麺は、細ストレート 具は、豚バラチャーシュー 極太メンマ 海苔 刻み葱 以前と変わったのは深型丼 粘度 単価 看板だった煮干中華は後日再開予定らしい

残念ながら以前レジで販売していた乾燥メンマは無かった

14.11.11鶏鰹②

14.11.11たいじ③

14.11.11たいじ④

14.11.11たいじ②

14.11.11たいじ①




09.9.4煮干ラーメン

拉麺太极(紫波郡矢巾町)で、中華そば/煮干しをいただきました

ごらんの様にスープの色がかなり濃い目で 煮干しの香りがプンプン迫ってくる こりゃ魚系好きには堪らない 麺は、多加水細目で僅かに縮れている 具は、海苔 豚ばら肉ロールチャーシュー 刻み葱少々 太目の麻竹メンマが4本

このメンマの「シャクシャク」した食感堪らなく美味しい 店では戻す前の干からびた状態で小売しているので興味のある方は自作に挑戦してみてはいかがだろうか

脂笑さんの「夏休みの自由研究物語(笑)」

絶品料理人シリーズ「完全発酵乾燥メンマは絶品だべ」

09.9.4麺

09.1.7鶏そば

拉麺太极(紫波郡矢巾町)で、鶏そばをいただきました

スープは褐色の濁りあり細かい粒子の旨み脂も黄色く光っている 麺は中細僅かにウェーブ 具は、メンマ 海苔 豚バラチャーシュー二枚

濃厚なだしを前面に出したスープは口に含むと まずは「鶏ガラ~!」と主張し その後から僅かな酸味がチョロッと顔を出す二段仕立てのようだ この酸味は、秋田では経験した事がなく新鮮であった

秋田で濃厚鶏ガラスープと言えばやはり湯沢の「鈴弥」であろう 参考資料としてリンクを貼っておく

09.1.7麺

09.1.7メニュー

09.1.7看板

バガボンド丸矢巾店

17.3.10四川塩①

甘辛系の四川塩らーめんをいただきました

スープは、塩ベースにコチュジャンだろうか 甘く辛い味付け 麺は、中太多加水 具は、炒めた もやし ニンジン 木耳 水菜だろうか メンマ 白ごま 小口切りネギ


17.3.10四川塩②


16.10.21旨にら①


バガボンド丸(紫波郡矢巾)で、旨ニラ塩らーめんをいただきました

スープは、澄んだ鶏ガラ豚骨でしょうか 麺は、中太多加水 具は、鶏むね肉スライス 辣油でピリ辛に炒めたニラ 小口切ネギ少々に紅ショウガ

16.10.21旨にら②

16.10.21旨にら③

16.10.21旨にら④


七久保食堂

16.11.18チャーハンセット①

七久保食堂(紫波郡紫波町)で、チャーハンセットをいただきました

スープは、中華食堂の清湯がベース 麺は、多加水中太わずかにウエーブ 具は、メンマ 海苔 豚もも肉チャーシュー 小口切ネギ 半チャーハン

16.11.18チャーハンセット②

16.11.18チャーハンセット④

16.11.18チャーハンセット⑤

16.11.18チャーハンセット③


一風亭矢巾店

16.4.22一風亭①

一風亭(紫波郡矢巾町)で  22周年記念味噌中華をいただきました

・・・て、よく見たら熊本震災の緊急対策室へ招集された日でした この後に花巻空港から閉鎖されていた熊本を避けて福岡入り陸路熊本へ向かってました

スープは、鶏ガラ豚骨あっさり味噌 麺は。多加水中太 具は、メンマ もやし 小口切リネギ 豚もも肉チャーシュー 蔵出しですんまへん。


16.4.22一風亭②

16.4.22一風亭③

16.4.22一風亭④


バガボンド丸

15.5.19味噌鉄砲①

バガボンド丸(紫波郡紫波町)で、味噌鉄砲らーめんと爆裂元気チャーシューをいただきました

濃厚味噌スープに多加水僅かに揉み太麺 具は、山盛り茹でモヤシに山頂は にんじん 木耳 葱 食感こりこりの豚ホルモン煮込み 拙者 堅めの麺が好きなので てんこ盛りの食べ方はやはり転地返しで麺を引っ張り出します
爆裂元気チャーシューは、ステーキ皿をコンロで焼き もやしと炙り豚バラ肉チャーシュー塊をのせると火柱が立ち上がる



15.5.19味噌鉄砲②

15.5.19味噌鉄砲③

15.5.19バガボンド丸①

15.5.19バガボンド丸②



夢一本店

14.11.14風神丸①

夢一本店(紫波郡紫波町)の 5周年感謝祭へ訪問 風神丸をいただきました

スープは鶏がら豚骨に香ばしい焼き味噌 麺は、多加水中太 具は、モヤシ 韮 人参の炒め野菜がどっさり 豚バラロールチャーシューに小口切り葱 白煎りゴマ少々 まっ黄色のオリジナルタオルまで頂き恐縮 

14.11.14風神丸②

14.11.14風神丸③

14.11.14風神丸④

お食事処 はば野


10.10.16焼肉丼

お食事処 はば野(紫波郡紫波町)で、焼肉丼をいただきました

子育てブログのメロメロ親馬鹿ぶりで楽しませてくれる「
Phito-memo」のんパパから焼肉丼美味しかったとの情報をいただきました
ドンブリではなく大きめの重箱にご飯が盛られ 表面を重なり合って覆いつくす豚バラ肉は甘じょっぱい生姜醤油ダレで炒めてある 真ん中には温泉たまごがのり 青海苔が振りかけられている 口直しに紅生姜 豆腐の味噌汁と小皿に一口やっこ 胡瓜のガッコ少々

このボリュームで¥500とはありがたい 定食やラーメンも全体的にリーズナブルな価格設定だが しょうゆラーメン¥400、ラーメン¥600、坦々麺¥800ってのが気になって夜も眠れない今日この頃である 


10.10.16焼肉丼②

10.10.16焼肉丼③

10.10.16焼肉丼④

いどや

10.1.26支那そば

`10.2.14追記

塩ラーメンと味噌ラーメンを追記、餡かけではなかったようだが僅かにトロミがありいつまでも熱々に感じられた 炒め野菜たっぷり 黄褐色の旨み脂が結構浮いてダシが濃厚 塩ラーメンには木耳 味噌にはワカメと白摺り胡麻が振りかけられていた

いどや(
紫波郡紫波町)で、支那そばをいただきました

岩手の食べ歩きで参考にしている「しなちくのあれこれ」しなちくさんが絶賛の支那そばが食べたくて訪問 スープは、透明感のあるガラ系に甘味のある薄色の醤油ダレ 脂は細かい粒子にきらめくが多くはなくあっさりしている 麺は、支那そばには珍しく中太多加水縮れ麺 具は、豚バラロールチャーシューが2枚 メンマ ナルト 海苔一枚 葱少々

しなちくさんのエントリーを拝見すると塩ラーメンは、モヤシ 白菜 人参 木耳 ほうれん草 豚肉を炒めた五目系 「あつあつ」の表現からおそらく餡かけのようではなかろうか・・・朝晩は零下まで冷え込む内陸では 単身親父の冷えた体を心から温めてくれる一杯に違いない 次回の訪問が楽しみである

しなちくさんへTB

10.1.26麺

10.2.13塩らーめん

10.2.13味噌らーめん

10.1.26メニュー

10.1.26看板

焼肉三平 矢巾店

09.4.5三平メニュー

焼肉三平(紫波郡矢巾町)で、ホルモンをいただきました

岩手のblog 「カウガール日記」 に、 三平で焼肉を食べるときの服装マナーというのを見つけ(笑) ずーっと気になっていましたが 焼肉屋さんに一人ではいる度胸がなくなかなか訪問できずにいました

店内に入ると広い お座敷とテーブル席に分かれ ガス式のロースターが中央にセットされている 「カウガール日記」で見た服装は 頭にはバンダナでホッカムリ 服の上にはヤッケか雨合羽であったが こちら、矢巾店ではその格好で食べている人は一人も居なかった せっかくニット帽と雨合羽を準備して入店したのだがカバンから出すのはやめにした 石鳥谷店限定の服装マナーなのかもしれない

オーダーは、豚ホルモン焼き¥350と 御飯ではなく「めし」と呼ぶようだ おしんこ みそ汁付き¥250 合計¥600でボリューム満点なホルモン焼き定食が頂けるのが嬉しい ニンニクの効いたタレに漬け込まれた新鮮シロはほんのりピンク色 焼き始めると店内が煙で充満し始め メガネが脂で曇ってきた  
勢いにのって追加で注文した豚ミノも 艶々してキレイだ コリコリした食感がうまい 良く冷えたビールで流し込むと最高だろうが今回は 車なので飲めないのがつらい 

「カウガール日記」なおPさんへTB

09.4.5三平ホルモン

09.4.5三平ミノ

09.4.5三平めし

09.4.5三平暖簾

藤屋

09.10.30みそらーめん

藤屋(紫波郡紫波町)で、味噌らーめんをいただきました

岩手に来てから食べ歩きの参考にしている「ラーメン食べ歩記in盛岡」手羽先さんの記事を頼りに訪問 暖簾には生蕎麦とあるが メニューには蕎麦はもちろん饂飩 各種定食まで 格安メニューが勢揃いしている

スープはあっさりめの鶏ガラ豚骨 赤味噌ダレもあっさりめ 麺は、中太多加水縮れ麺 具は、ざっくり刻んだキャベツとモヤシ 人参とキクラゲ デフォルトで載ってくるのは豆板醤

blog リンクの「ぢぞう☆ぶろぐ」は、休止中の為 「あきたポタリング日記」に集約 

09.10.30麺

09.10.30メニュー

09.10.30看板

純手打さぬきうどん「たかのはし」

09.4.27うどん

純手打ちさぬきうどん「たかのはし」(紫波郡紫波町)で あつあつ並をいただきました

手打ち麺と自家製麺を混同しているコメントを目にすることがあるが 製麺機で捏ねて切り刃で作るのは自家製麺 有名なカムミェン(酒田中華)もテコの原理でコシを出し製麺機で麺帯から麺線にするので自家製麺 手捏ね手切りこそが純粋な手打ち麺である 「絶品料理人シリーズ、手打ちうどん」のエントリーはこちら

醤油の色は薄くダシが濃いつゆ うどんは表面に透明感がありコシは程よくツルツルで喉越しが良い 薬味は青葱とおろし生姜をお好みで

並(1玉)¥300、大(2玉)¥400とある・・・次は絶対に 「大」だ。 奮発して大好きな揚げたての竹輪も絶対に食べるっ!

09.4.27うどん箸

09.4.27メニュー

09.4.27看板