工藤製精肉店食堂部

12.1.12工藤食堂①

工藤製精肉店食堂部(釜石市大渡町で、カツ丼をいただきました

器がさほど大きくないため1枚のカツを半分ずつ二重に重ねて盛り付けたビジュアルはインパクト絶大 肉厚のカツは 細かいパン粉薄めで揚げてある為 鍋で卵とじにすると衣ははがれやすくなるがそんなことはどうでも良く 甘辛のタレが滲みた御飯と一緒に食べると旨さ倍増 秋田で言うところの
冨士食堂 山根 中川食堂 のカツ丼ほどのCPはないが食いしん坊の食欲を満たしてくれることは間違いない
カツカレーは、カツ丼と同じ肉厚のカツがのり 濃厚なカレールーにはゴロッと大きめの柔らか豚肉が3個でボリューム満点 これならカツは要らなかったんじゃねえ・・・と 同僚の弁


12.1.12工藤食堂②

12.1.12工藤食堂③

12.1.12工藤食堂④

12.1.12工藤食堂⑤

三重食堂

09.8.8ラーメン

三重食堂(釜石市小川町)で、ラーメンをいただきました

スープは鶏ガラ豚骨系 旨み脂はやや褐色で粒子細かく醤油ダレ濃い目だが透明感はあり野菜の甘味が出てる 麺は、多加水細縮れ麺  具は、ナルト メンマ 豚モモ肉チャーシュー1枚 海苔 刻み葱少々

前回釜石で食べた「極細麺」より僅かに麺の太さが感じられるが 腰は こちらの方がのこってくれる様だ ミニ丼とのセットメニューも充実して格安でいただけるのも嬉しい

この日はもう一軒(大船渡のつけ麺)訪問したかったのだが 残酷にも仕事が入ってしまい 涙ながらに また盛岡へ2時間かけてとんぼ返りとなった

09.8.8麺

09.8.8メニュー

09.8.8暖簾

お食事ハウス あゆとく

08.12.16ラーメン

お食事ハウス あゆとく(釜石市上中島町

ラーメンをいただきました


スープはガラだし系旨みがしっかり出ている 醤油の色は薄く濁りはない 麺は、極細多加水縮れ麺 具は、豚腿肉チャーシュー1枚 メンマ 海苔 葱少々 

極細麺と言えば秋田では「マルタマ」「丸竹」「与力」を思い出すが こちらは十文字ラーメンの様な平打ちではなく麺帯を極細切り刃で製麺しているので僅かに角が見れる

08.12.16ラーメン麺

08.12.16メニュー

08.12.16看板

昇華

08.12.16ラーメン

昇華(釜石市平田

ラーメンをいただきました


スープはガラだし系 醤油の色は濃くなくアッサリしている 麺は、中細多加水縮れ麺 具は、味薄めのメンマ 海苔1枚 豚腿肉チャーシュー1枚 葱少々

岩手に来てから大盛り¥200プラスの店が多い様な気がするが 食いしん坊な貧乏サラリーマンには少々堪える

08.12.16メニュー

08.12.16看板