FC2ブログ

こってり番長

18.3.26塩らーめん①

いつもの塩大盛地獄の素ごっそり やっぱりここの家系最高だわ。

18.3.26塩らーめん②


17.11.1しょうゆらーめん①

こってり番長(盛岡市津志田)で、いつもの油抜き醤油らーめん 

スープは、家系濃厚白濁豚骨 麺は、多加水太丸ストレート 具は、茹でほうれん草 豚もも肉チャーシュー 小口切り葱 大判の海苔

カラリと香ばしい揚げニンニクチップ 地獄の素辛味 スプーン山盛り2杯で最高に美味しい一杯をいただきました

券売機に新メニューが掲載されていました こってり無双とは なんとも頼もしいネーミング 何やら特濃スープが自慢らしいです

17.11.1しょうゆらーめん②
17.11.1しょうゆらーめん③

17.11.1しょうゆらーめん④


17.5.12醤油ラーメン①


こってり番長(盛岡市津志田)で、醤油ラーメン油抜きをいただきました

いつもながら岩手では秀逸のボーメ高い超濃厚豚骨スープであります いつもの豆板醬2さじとニンニクチップに唐辛子ベースの地獄の素を1さじ追加していただく

油抜きコールだが それでも表面から1cmの幕がはり 湯気もたたず完食まで熱々である 辛味は、豆板醬2つ 地獄2つでも良さそう ニンニクチップの香ばしさもなかなか良い仕事をしてくれる

17.5.12醤油ラーメン②

17.5.12醤油ラーメン③



17.1.11醤油①

醬油ラーメン大盛に豆板醤とフライドガーリック

16.8.30味噌豚骨①

こってり番長(盛岡市津志田中央)で、味噌豚骨 醤油豚骨+豆板醤

スープは、濃厚味噌豚骨 麺は、もっちり太麺 具は、大量のキャベツと茹でもやし ほうれん草 きみ チャーシュー 衝立のような大判海苔3枚

醤油豚骨は、¥500 大盛半玉追加でも¥50とコスパ抜群 スープは、クリーミー濃厚 麺は、モチモチ太麺 具は、ウズラ玉子 茹でほうれん草 白髪ねぎ 豚もも肉チャーシュー 大判海苔3枚 豆板醤はテーブルには置いていないので くださいとコールが必要

16.8.30味噌豚骨②

16.9.21塩豚骨①




16.8.11みそラーメン

16.8.11ラーメン




15.11.9ダブル①

こってり番長 塩らーめん 麺1.5玉プラス0.5玉=2玉

スープは、白濁豚骨でクリーミーな仕上がり 表面には湯気が立たないほどの背油1cm以上は確実に浮いている(ザル漉しではない) 麺は、加水少なめ中太丸ストレート この麺は堅麺コールが好み 具は、豚肩ロースチャーシュー 茹でほうれん草 ウズラの卵 海苔3枚

盛岡で横浜丸山製麺から直送の本場家系の麺がいただける貴重な店です 並盛り¥500に大盛り券(半玉)1枚¥50×2枚でも合計¥600で食いしん坊が満足できる2玉であります どんぶり小さめなので2玉入れると スープから麺がはみ出てしまうらしく 別盛り小どんぶり 生姜と豆板醤は頼めば保冷から出して提供 今回は スプーン3杯とニンニク少々を投入 家系の海苔はどんぶりの縁に衝立の様に立ってなければならないが 残念なことに丼顔を隠すように置かれていたことが少々残念  


15.11.9ダブル②





14.12.26こってり番長①

こってり番長(盛岡市津志田)で、ラーメンをいただきました

店舗画像に12/18開店の看板ありますが 初日は行列見て断念 2日目は麺が届いていないらしく18:00から営業予定と掲示されて 夜は晩酌と決まっているので涙ながらに帰宅 1週間過ぎたのでそろそろかなと再訪問

スープは、上品な白濁具合の豚骨 わずかに甘味強く砕いた背油の浮きは見られない 盛岡に合わせた優しい家系といったところか
麺は、丸山製麺の加水少なめ中太 固めコールで丁度良い 具は、豚ももチャーシュー 茹でほうれん草 ウズラの卵2個 そして衝立のような海苔が3枚
座席は、4人がけには少し狭いのテーブルが多く 小上がりもあるが  1人の客が多いと効率が悪い 壁伝いにカウンター席があればうれしい 薬味に 家系定番のラージャンが無いのも寂しい 玉子は、デフォで半玉か50円で1玉トッピングのほうがありがたいかも 中盛り1.5玉 大盛り2玉もお願いします

本格家系を待ち望んでいた拙者にとって やっと盛岡に登場したラーメン 巡回のリストに載るのは確実 

14.12.26こってり番長②

14.12.26こってり番長③

14.12.26こってり番長④





かつや 西バイパス店

17.12.8かつや①

今更ですが12月の大感謝祭であります 本当にありがたいことです

ロースカツ定食と 高嶺の花 豪華絢爛カツカレー(竹)


17.12.8かつや②

17.12.8かつや③

17.12.8かつや④




18.1.24ロースかつ②

20周年感謝祭 なんと¥150引きでロースかつ定食が頂けました

サクサク衣に肉々しい豚ロースボリューム満点 いつも感じるけど かつやの御飯は熱々で美味しい

18.1.24ロースかつ①




17.12.8かつや①

かつや お客様大還元祭 毎年の事ではありますが貧乏リーマンにはありがたい特別企画であります

ロースかつ定食 通常¥690がなんと¥500 カツカレー¥750がなんと¥500であります 普段は、竹かつ丼オンリーなのでめったにいただけないセレブ食 堪能させていただきました。

17.12.8かつや②

17.12.8かつや③

17.12.8かつや④




16.12.2カツカレー①


かつや盛岡西バイパス店(盛岡市北飯岡)で、年末感謝祭カツカレー(竹)をいただきました

単身赴任の拙者ですから倹約は武士の美徳と 普段は高嶺の花で食べることのできない¥750(竹)ですから注文の時からドキドキしました
120gのサクッと揚げたとんかつが鎮座し具材が溶け込んだカレールーが祝欲をそそります 普段カツカレー¥750ロースかつ定¥690かつ丼¥650ソースかつ丼¥650ですから 意地汚さに選択しましたが カレーは激辛に限るだった自分を忘れていました ここはやはりかつ丼に七味山ほど掛けを選ぶべきです。よぐたがれなので3つ位テイクアウトして冷凍しようかと思ってます。

そんなこんなで かつ丼竹 どんぶりにのせるという制約からかカツが少なく感じるのは気のせいか・・・七味の粉を全面にまぶし本望をとげる 隣でデブな若造が喰ってるロースかつ定  絵になる大きさと思ったのは嫉妬からか 最近 歳喰ったせいで食が細くなったと思っているが体重が思ったより減っていないのは何故。

16.12.3かつ丼竹①

16.12.2カツカレー②





14.1.24かつや①

かつや 西バイパス店(盛岡市北飯岡)で、竹カツ丼をいただきました

豚カツのサイズで梅80g・竹120g・松80gx2 卵2個となっています 今回は、¥100クーポンあったので竹を奮発してみました。驚いたのはご飯がやたらと熱々で食べ切るまで冷めません 拙者の早食い錯覚かもしれませんが・・・ 豚カツは、120gで通常食堂サイズでしょうか 店内は、牛丼チェーンのシステムそのままで 味噌汁もデフォルト 外回り仕事のリーマンにすれば早くてひとりでも入れるありがたい店でした。


拙者のカツ丼コレクションはCP高すぎるのかもしれませんが 気になる方は驚愕の逸品も御覧ください

能代市 中川食堂 http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/blog-entry-493.html
能代市 冨士食堂 http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/blog-entry-264.html
大仙市 山根    http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/blog-entry-284.html


14.1.24かつや②

14.1.24かつや③

14.1.24かつや④

らあめん サンド

18.5.17煮干まぜそば①

らあめん サンド(盛岡市西青山)岩手拉麦会コラボ企画 無化調煮干しをテーマにした 激旨煮干しまぜそばをいただきました

和えダレは、濃厚煮干し醤油と煮干し油 鶏そぼろを少々 麺は、多加水中太ストレート 具は、低温調理した豚ロースを薄切りにしクルクルと巻き込む メンマ 香り野菜は、白髪ネギ 赤パブリカ カイワレ大根をミックス

いつも店外の長蛇の列に心が折れ 涙ながらに断念していましたが この日は、奇跡的に行列が無く入店 食券購入してカウンターに着座するころには 次から次へとお客さんが入店し始め 店内待合席は6名満席 店外に5人の行列ができていました 
カウンターから店主のオペレーションを見ていると 素早くも丁寧な仕事と並々ならぬラーメンへここだわりが見て取れます。


18.5.17煮干まぜそば②

18.5.17煮干まぜそば③

18.5.17煮干まぜそば④

18.5.17煮干まぜそば⑤




13.1.18鶏醤油らあめん①

らあめん サンド(盛岡市西青山)で、鶏そばをいただきました

澄んだスープは、仕上げに鶏油 麺は、加水少なめ極細ストレート 具は、細く裂いたメンマ チャーシューは豚と胡椒を効かせて茹でた鶏腿肉 斜め切りの葱と小口切りのスリム葱 鶏そばの器はそこの深いタイプ 純煮干そばは昔ながらの小振りな支那そばどんぶり 堅麺で替え玉が欲しくなるような一杯でした


盛岡はらぺこ日記」ゆきゆきこさんのエントリーを参考に訪問

13.1.18鶏醤油らあめん②

13.1.18鶏醤油らあめん③

13.1.18鶏醤油らあめん④

南部屋路ばた

18.5.16煮干しつけ麺⑥

南部屋 路ばた(盛岡市上太田)で、第二回 岩手拉麦会コラボ限定麺 煮干しつけそばをいただきました

つけ汁は、濃厚煮干しに鶏油 小口切り葱 麺のどんぶり顔綺麗ですね 麺は、平打ちストレート少し全粒粉ブレンドだろうか 低温調理でムチムチな食感の豚ロース肉 刻み海苔 レモンを絞って煮干しと柑橘のハーモニーを楽しませていただいた。


18.5.16煮干しつけ麺②

18.5.16煮干しつけ麺③

18.5.16煮干しつけ麺④

18.5.16煮干しつけ麺⑤

18.5.16煮干しつけ麺⑦

18.5.16煮干しつけ麺⑧

18.5.16店舗①




09.1.10らーめん

南部屋(盛岡市上大田

ランチタイムサービスの¥490らーめんをいただきました


スープはガラダシ系アッサリ醤油 麺は、多加水中細ウエーブ 具は」、ワカメ メンマ ナルト 豚バラロールチャーシュー1枚

「こんな時代だからワンコインでお釣りがくるラーメン」とのメニューに釣られました こんなご時世のサラリーマンにはありがたい一杯

09.1.10麺

09.1.10メニュー

09.1.10看板

栗林

18.4.11塩ラーメン①

栗林(盛岡市羽場)で、鶏そばの塩をいただきました

スープは、濃厚な鶏白湯 麺は、多加水細ストレート 具は、太麻竹メンマ  低温調理でモチっとした豚肩ロースチャーシュー 斜め切り葱多め 海苔


18.4.11塩ラーメン②

18.4.11塩ラーメン③

18.4.11塩ラーメン④


海王別館貝ばか

18.3.13海王①

海王別館貝ばか(盛岡市内丸)へ開店祝いの御挨拶に伺いました

1階は、L字カウンターと小上がり 2階は宴会場になっているそうです メニューに ずらりと並んだ牡蠣と貝の逸品 他のメニューは本店から運ばれてくるシステム
この日、本館で沢山御馳走を頂きましたので こちらではサクッと軽く まずは獺祭スパークリング 燻製の盛り合わせとナッツ 本店からお取り寄せの塩辛コロッケ


18.3.13海王⑫

18.3.13海王⑬

18.3.13海王⑮

18.3.13海王⑯

18.3.13海王⑰


浜焼酒場 海王内丸店

18.3.13海王③

浜焼き酒場海王(盛岡市内丸)今期の〆で豪華絢爛なご馳走をいただきました

まずは白身魚の揚げ浸し小鉢 帆立 シュウリ貝  赤貝 烏賊葱間串の盛皿 炭火で焼きます
これでもかと盛り付けられたお刺身 小ぶりなズワイガニ トロトロコラーゲンな鮟鱇鍋 蒸し牡蠣 揚げ物は、肉厚鯵フライと鶏唐揚げ 〆は、鮟鱇鍋の雑炊 
 

18.3.13海王②

18.3.13海王④

18.3.13海王⑤

18.3.13海王⑥

18.3.13海王⑦

18.3.13海王⑨

18.3.13海王⑩

18.3.13海王⑪




17.10.10海王③

浜焼酒場海王(盛岡市内丸

小鉢は、鶏むね肉とタケノコの炒め物 プレモルか~逢いたかったよ 超豪華刺し盛り 岩泉の龍泉 八重桜純米吟醸 七輪どーん浜焼き きのことホタテとつみれの鍋


17.10.10海王④


17.10.10海王⑥


17.10.10海王②


17.10.10海王⑤




16.12.6海王①

浜焼酒場 海王(内丸)で、豪華絢爛の宴であります

白子大根煮込みでスタート 浜焼きの活ホタテ 蒸しシュウリ貝 もんのすごい豪華絢爛刺し盛りが登場 本マグロのトロが下の先でとろけて消えます どんこの胆合え ここから日本酒にきりかえ渡舟 伯楽星 葱すき 後は揚げ物と 定番の黒龍 間にも御馳走マシマシだったが画像取り忘れが残念


16.12.6海王②

16.12.6海王③16.12.6海王④

16.12.6海王⑤

16.12.6海王⑧16.12.6海王⑨

16.12.6海王⑥

16.12.6海王⑦

16.12.6海王⑩




14.2.25海王内丸①

14.2.25海王内丸②

震災後の苦楽を共にしたウルバリン似のK君が今年度で契約が切れる

久々の定例会を予約に海王本宮店を訪問したところ 残念ながら週末で閉店との事だったので 今回は内丸店でご馳走をいただきました
御通しの小鉢はクラゲと蟹剥き身 どどんと登場した圧巻の刺し盛りは鮪中骨の上にアイナメ 炙りしめ鯖 メバル 海老 葉ワサビで頂く
名物浜焼きは、帆立 タコ コマイ エンガワ 旬の毛蟹が登場したので 甲羅酒にする  甘辛く煮た鮪のヒレ元はネギと七味唐辛子 牡蠣と鱈の鍋も出たがこの頃からは大分出来上がってたので撮り忘れてしまった 〆は、握り寿司 


14.2.25海王内丸③

14.2.25海王内丸④

14.2.25海王内丸⑤

14.2.25海王内丸⑦

14.2.25海王内丸⑧

盛岡煮干しセンター

18.2.23油そば①

盛岡煮干しセンター(盛岡市三本柳)で、タウン情報誌企画の油そばなんと¥500をいただきました
ジュアル系コンセプトすべて 秋田県民なら周知の某店ですが 大人の事情なんでしょうかね 全くの別物の油そばでした

1人暮らしで晩飯で喰って家に帰って寝るだけなら 大丈夫な位の大量なおろしニンニクが投入されています

ニンニク増しましが大好きな人にはお勧めな一品

18.2.23油そば②

18.2.23油そば③

18.2.23油そば④

宝介本店


18.2.1辣王③JPG

宝介本店(盛岡市厨川)で、タウン情報誌アキュート企画 辣王を ありがたい¥500で頂きました

スープは、鶏ガラ豚骨ベースの澄んだタイプだろうか 御覧の様に辣油で真っ赤っか 鶏油も大量に表面を覆う 麺は、多加水中太 具は、煮豚チャーシュー 茹で玉子 韮の上に辛味噌がのる 荒刻みの玉葱 甘みのある辣油系は 勝浦風 


18.2.1辣王④JPG

18.2.1辣王②JPG

18.2.1台湾ラーメン


RAMEN FACTORY 鹿道山

18.2.21淡麗煮干しそば①

鹿道山(盛岡市長橋町)で、サムライブギーコラボイベント 淡麗鰹そばをいただきました

スープは、鰹中心にさば煮干しなどブレンドとの事 淡麗と言うが 結構節系系濃厚 麺は中太加水少なめのストレートぷりっとした食感 具は、厚めの豚肩ロースチャーシュー 無知っとした食感で肉々しい 荒みじん切りの葱 青菜は、三つ葉だろうか 花鰹に刻み海苔 細かいアラレが香ばしい 配膳されてから目の前で本枯節を削り 追加で振りかけられる。

カウンターの電球色照明の為 麺が黄色く写ってしまったのが残念 実物は、乳白色である 


18.2.21淡麗煮干しそば②


18.2.21淡麗煮干しそば③


18.2.21淡麗煮干しそば④


18.2.21淡麗煮干しそば⑤


中華料理 正華

18.2.16辛し味噌らーめん①


中華料理 正華 向中野店(盛岡市向中野)で、カラシ味噌ラーメンをいただきました

スープのベースは、中華屋の清湯に赤味噌と豆板醬のピリ辛 麺は、中太多加水でわずかにウエーブ 具は、炒めた豚バラ肉と今の時期大変高価なキャベツがどっさり


18.2.16辛し味噌らーめん②


09.9.7ラーメン

中華料理 正華(盛岡市向中野)で、ラーメンをいただきました

スープは、鶏がらトンコツの清湯 粒子の細かい透明な旨み油が浮く 麺は、多加水中太縮れ麺 具は、豚ばら肉ロールチャーシュー メンマ ナルト 海苔一枚 刻み葱少々

五目カタヤキソバは、カリッと揚げた麺に炒めた五目野菜の塩餡かけがドッサリ 掻き卵スープが付く

画像データの日付を見たら`09.9.7となっておりビックリした。 拙者の蔵には同様に整理の付かないストックがてんこ盛りである 相変わらずコメントへのレスも忘れた頃まで返せないクタクタの状態であるが 一方的なエントリーだけでも時々アップしておかねばと・・・ずるい。


09.9.7ラーメン麺

09.9.15五目カタヤキソバ

09.9.7メニュー

09.9.7看板

麺屋十郎兵衛 盛岡南店

18.2.28渡り蟹塩そば①

麺屋十郎兵衛盛岡南店(盛岡市永井)で、限定渡り蟹のしおそばを 感謝価格¥500いただきました

塩スープのベースは、鶏ガラベースにあっさり煮干しと渡り蟹 麺は、加水少なめプチプチの食感細ストレート 具は、柔らかく茹でた鶏むね肉  細切りメンマ 海苔 フードプロセッサーで刻み炒めて甘みを出した玉ねぎ スリムネギ 糸唐辛子 渡り蟹の肩が2枚


渡り蟹シリーズは、大仙市 自家製麺佐藤で味噌をいただいたことがあるので 参考までに画像を載せておきます
麺が、極太手もみピロピロのマサちゃんタイプでしたね


18.2.28渡り蟹塩そば②

18.2.28渡り蟹塩そば③


15.10.8渡り蟹味噌ラーメン①

15.10.8渡り蟹味噌ラーメン②





18.2.9プレオープン⑥

麺屋十郎兵衛 盛岡南店(盛岡市永井)プレオープンに伺いました

到着時すでに招待客で満席 しばらく外観や券売機のメニューを撮影しながら時間をつぶしますが次から次とお客様が来店 どこから情報が漏れたんでしょうかね SNS効果恐るべし
拙blogにたびたび登場する お坊ちゃまは、喜多方肉そば スープは、澄んだ鶏ガラ豚骨魚介系だろうか 麺は、多加水太麺を手もみでピロピロに縮れを付けてあります 具は、細切りメンマと丼面を覆いつくすほどのせられた豚バラ肉チャーシュー にスリムネギをトッピング
煮干拉麵濃厚は、見た目のとおり灰色褐色 苦みやエグミ更に渋みの強い魚粉たっぷり鶏油スープに追い打ちに背脂まで投入 麺は、多加水太麺を手もみで縮れ 具は、厚切り豚バラチャーシューに細切りメンマとスリムネギ 
煮干拉麵は、魚粉鶏油たっぷりに麺は、加水少なめ細ストレート 具は、低温茹で鶏むね肉 細切りメンマ 刻み玉ねぎ スリムネギ 海苔
拙者は、麺太郎氏に勧められた 辛油そば激辛MAX  麺は、多加水モチっと太麺 具は、角切り豚バラ肉チャーシュー 揚げ玉 海苔 細切メンマ ニラ入り辛味噌の上には激辛パウダー 下には刻み玉ねぎ 

帰り際忙しそうにしているのに 2ショットをお願いしたら なかなか良い表情をしてくれました 。雅さん御馳走様でした


18.2.9プレオープン⑦

18.2.9プレオープン⑫

18.2.9プレオープン⑧

18.2.9プレオープン⑤

18.2.9プレオープン⑨

18.2.9プレオープン⑩

18.2.9プレオープン⑪

18.2.9プレオープン④

18.2.9プレオープン②

18.2.9プレオープン③

18.2.9プレオープン⑬

居酒屋 里伊(Sai)


17.7.25里伊①

居酒屋 里伊Sai(盛岡市南大通)

この日の二次会、新規開拓の旅はまだ続いてました 

この店テーブルが落書きですんごいことになってます

お通しは さんまの揚げびたし やっこは、韮だったろうか 少し辛かった記憶 ドンコのなめろう ふわふわに仕上げた海老しんじょう ボリューム満点のダシ巻き玉子も絶品でした。


17.7.25里伊②

17.7.25里伊④

17.7.25里伊⑤

17.7.25里伊⑥

17.7.25里伊⑦

17.7.25里伊⑧

17.7.25里伊⑨


ラーメンショップ 味丸

17.8.7青南蛮①

ラーメンショップ味丸(盛岡市羽場)で、青なんばんラーメン辛めをいただきました

ベースのスープは、澄んだ鶏ガラ豚骨に 爽やかな青なんばんの辛味と赤唐辛子の辛味油 麺は、多加水細僅かにウエーブ 具は、炒めた モヤシ 韮 豚バラ キャベツ 味玉

辛い物好きな拙者であるから まだまだ逝けるけど


17.8.7青南蛮②

17.8.7青南蛮③





16.9.12豚骨味噌①

ラーメンショップ味丸で、みそとんこつをいただきました

スープは、あっさり目の豚骨みそ 麺は多加水中太わずかにウエーブ 具は、メンマ キクラゲ チャーシュー 海苔 刻み葱少々


16.9.12豚骨味噌②

16.9.12豚骨味噌③

16.9.12豚骨味噌④




10.3.10鶏だし中華

ラーメンショップ味丸(盛岡市羽場)で、鶏だし中華をいただきました

スープは鶏ガラ系の匂いが鼻に抜け味わい濃厚 麺は、加水低めの細ストレート麺 具は、豚バラ肉煮豚チャーシューが一枚 メンマ、ナルト、海苔 刻み葱少々

ここの麺は 細、 中太、 太麺から選べるが 前回食べたチャンポンは平打ちだった すると4種類もの麺を使い分けていると言うことになる
とすると太麺が未食と言うことになるから 次回は 「醤油豚骨太麺堅め味濃い目脂少なめ」だろうか

10.3.10鶏だし中華麺


10.3.1ちゃんぽん

ラーメンショップ味丸(盛岡市羽場)で、長崎ちゃんぽんをいただきました

スープはクリーミーな白濁豚骨 ドンブリの半分を境に黒いマー油の層が浮く 麺は、多加水中太平打ち縮れ麺 具は、烏賊ゲソとモヤシ キャベツ 人参 薩摩揚げだったかな 「ドラゴンボール」なる小さい辛み玉が添えられて 混ぜるとピリッと引き締まる

仕事用設定のまま撮ってしまったようで、鶏そぼろ丼の温玉が青緑に光り輝く物体に写っている 次回 撮り直すまでご勘弁を

10.3.1ちゃんぽん辛味

10.3.1ちゃんぽん麺

10.3.1鶏そぼろ丼


10.2.20豚骨塩

ラーメンショップ 味丸(盛岡市羽場)で、とんこつラーメン塩をいただきました

スープは白濁しておらずラードがかなり強めだが背脂は浮いていない 麺は、黄色みの強い中太多加水縮れ麺 具は、ワカメ 蟹カマボコ メンマ 水菜 豚バラ肉チャーシュー一枚 表面には青海苔が振りかけられていた

メニューには麺の太さが 細 中太 太麺から選べるとの事 更に味濃い薄い、脂の多少まで対応してくれる様である これは一度デフォルトでいただき次の回は自分の好みに合わせてコールすればいい訳で 千差万別なラーメン好きにとってはありがたいシステム
次回は是非、鶏だし細麺を堅茹でいただいてみようと思う

10.2.20豚骨塩麺

10.2.20情熱

10.2.20メニュー

農家と漁師の台所 北海道レストラン盛岡

17.7.25北海道レストラン①


農家と漁師の台所 北海道レストラン盛岡(
盛岡市南大通

新規店開拓の旅であります 本日のオススメメニュー北海道直送ってのを尻目に 初訪問店の実力を確かめる為 「すごい飲み放題付き¥4,000コース」を選択

まずは、切り株やおしぼり置きなど盛り付けにアイデア一杯の刺し盛り 5人組なので各1枚 脂ののった特大ホッケ焼きは、1匹と半分 円錐状にそびえたつサラダ シュウリ貝とアサリは酒蒸し ボリューム満点ザンギは、鶏むね肉を棒状にカットして揚げてある 〆の一口ご飯は、炊き込みにイクラ乗せ

店の裏に駐車場有り便利 箱も大きく大人数な会食にも使えそうである


17.7.25北海道レストラン②

17.7.25北海道レストラン③

17.7.25北海道レストラン④

17.7.25北海道レストラン⑤

17.7.25北海道レストラン⑥

17.7.25北海道レストラン⑦


俺っ家

17.3.15俺っ家①

陸前高田 俺っ家(盛岡) 4月末にて盛岡での営業を終了し 陸前高田に戻るそうです

お通しには 甘辛く煮たタラコ 名物桶にてんこ盛りのさすみ あん肝 烏賊のふわた焼き 牡蠣フライ 

17.3.15俺っ家②

17.3.15俺っ家③

17.3.15俺っ家④

17.3.15俺っ家⑤

17.3.15俺っ家⑥



12.12.15俺っ家①

12.12.15俺っ家②12.12.15俺っ家③
俺っ家(盛岡市本町通

テーブルにはお通しのコリコリホルモンと魚の唐揚げ 評判の刺し盛りは桶にてんこもり ほっき貝 鮪 〆鯖 蛸 ダシ巻き玉子 カンパチ ホタテ ボタン海老 隠れてて見えないがホッキ貝殻の裏には雲丹
焼き鳥盛り合わせ ムール貝は手前が酒蒸しで奥はスープだったと思います 誰が頼んだかテーブル一杯になって皆で唖然としました 穴子は白焼きで山葵醤油

 
12.12.15俺っ家④

12.12.15俺っ家⑤

12.12.15俺っ家⑥

12.12.15俺っ家⑦

三十六番

17.3.15朝煮干し①

朝煮干しバリカタ辛味のせであります 出張帰りの目覚まし兼ねてこの後辛味を3杯ほど追加してしまいました

17.3.15朝煮干し②




17.1.25朝煮干し①


三十六番(盛岡市三本柳)で、朝にぼしをいただきました

スープは、甘みと醤油ダレのパンチが効いたかえし澄んだ濃厚煮干し 麺は、加水少なめの細ストレート 秋田で言えば角館 伊藤 大仙市 佐藤 由利本荘 松陰のこってり 秋田市 陸王の限定細麺風バギボギ麺だが 大変万人受けする優しい茹でかげんである 具は、味玉 メンマ 刻みネギ 豚ウデかなチャーシュー 麩 海苔

秋田県人向けに茹で時間1分のバギボギ粉落とし風でお願いしたい逸品


17.1.25朝煮干し②

17.1.25朝煮干し③

17.1.25朝煮干し④


故郷本店

17.2.23みそラーメン④

故郷本店(盛岡市みたけ) ご覧の通り 驚愕なミソラーメンをいただきました

スープは、赤味噌仕立てのあっさりタイプ 麺は、多加水中太 具は、もやし キャベツ ニンジン ニラ 豚バラ肉 僅かに豆板醬を利かせて炒め煮した仕上がりで300g以上はありそうだ

食べるには、二郎系で培った秘技「天地返し」を試みるも 野菜の重みがすごいので上手くいかない 仕方ないのでどんぶりの淵から底に埋まっているであろう麺を救い出す「レスキュー法」で伸びる前にとっとといただく ビジュアルからは想像できないが麺の量はいたって普通なので残った野菜は横から見てもまだまだどんぶりから顔を出している ここからは苦難の道のり 1週間分はあろうかと思える野菜を黙々と食べ続けなくてはならない 

食いしん坊のお腹を満たしてくれる爆盛りな一杯でした


17.2.23みそラーメン⑤

17.2.23みそラーメン②

17.2.23みそラーメン③

17.2.23みそラーメン①


麺匠 玄龍

16.12.6醤油①

麺匠 玄龍(盛岡市中央通)で、あごだし醤油ゆずをいただきました

当然ですが脂分ほとんど無しのあごだし(飛び魚) 麺は、多加水中細かな 具は、メンマ ナルト 海苔 小口切ネギ 豚ももチャーシュー ゆずの皮が少しだけ見える 


16.12.6醤油②


16.12.6醤油③


16.12.6醤油④



豪ーめん盛岡インター店

16.9.22女子盛①

豪ーめん盛岡インター店(盛岡市上厨川)で、youさん豪ーめん女子盛 拙者 辛豪ーめんいただきました

女子盛とは言えビジュアルは二郎インスパイヤですからそこそこ苦戦してましたね チャーシュー1枚と煮玉子です

拙者の辛豪ーめん 辛さ聞かれビビリーですから中辛にしましたが 大辛でも難なくいけそう スープは、背油濃厚醤油 麺は、多加水太モチモチ麺 わしわし噛まなきゃ呑み込めないタイプじゃなくて食べやすい 具は、300gはあろうかという大量の茹でもやしとキャベツ少々 豚バラ肉チャーシュー2枚 てっぺんに辛味とスリムネギ ニンニク入れたら すりおろしとみじん切りどっさり隠れててスープ飲むたびにガリゴリかじってたら口の中ニンニク臭満点 
定番の天地返しで麺をいただくが量は普通 ただしもやしの量はただものではない 麺喰いあげた状態でもラーメン並盛位の残ってがんばって食べなくてはいけない。


16.9.22辛豪麺①

16.9.22辛豪麺②

16.9.22辛豪麺③