FC2ブログ

絶品 Clubデータベース版へようこそ

美味しい食材の恵みに感謝、美味しく料理してくれた人に感謝、食べる事によって生かされている事に感謝。 

 

DB製作にあたっては

岩手  しなちくのあれこれ様

秋田 秋田食べ日記=第二章=様, らーめん喰い日記様 気まぐれラーメン日和様 のデータを参考にさせていただきました。ありがとうございます

店名から検索する場合は、 Search へキーワード入力。 地区から検索するには Categories からが便利。
表示される件数は、20件 ( 重いようならコメントください ) 次のページは一番下の prevpage で開きます。地図データは、店名後の地区にリンク。


データの間違いや誤字を発見した人は大当たり、管理人への報告義務をプレゼントします。

この blog は、ネット上に公開しているものであり当然リンクはフリーです
リンクの承諾を伺う律儀なコメントもまったく必要ないと考えています  もちろん絶品ClubDBのbloglinkに掲載する場合も同様です しかしながら相互リンクの申し出に関してはこちらの都合により お答えできない場合があります。

コメント・トラックバックの内容によっては、一方的に削除することがあります ご了承下さい。

画像や記事の無断使用は、お断りいたします。


 最新更新日は, 2018.7.31です

らあめん サンド

18.6.1煮干しまぜそばⅡ①


第2回 岩手拉麦会コラボ限定麺 煮干しまぜそば 2麺め 低温調理の豚ロースが丸められていません

18.6.1煮干しまぜそばⅡ②




18.5.17煮干まぜそば①

らあめん サンド(盛岡市西青山)岩手拉麦会コラボ企画 無化調煮干しをテーマにした 激旨煮干しまぜそばをいただきました

和えダレは、濃厚煮干し醤油と煮干し油 鶏そぼろを少々 麺は、多加水中太ストレート 具は、低温調理した豚ロースを薄切りにしクルクルと巻き込む メンマ 香り野菜は、白髪ネギ 赤パブリカ カイワレ大根をミックス

いつも店外の長蛇の列に心が折れ 涙ながらに断念していましたが この日は、奇跡的に行列が無く入店 食券購入してカウンターに着座するころには 次から次へとお客さんが入店し始め 店内待合席は6名満席 店外に5人の行列ができていました 
カウンターから店主のオペレーションを見ていると 素早くも丁寧な仕事と並々ならぬラーメンへここだわりが見て取れます。


18.5.17煮干まぜそば②

18.5.17煮干まぜそば③

18.5.17煮干まぜそば④

18.5.17煮干まぜそば⑤




13.1.18鶏醤油らあめん①

らあめん サンド(盛岡市西青山)で、鶏そばをいただきました

澄んだスープは、仕上げに鶏油 麺は、加水少なめ極細ストレート 具は、細く裂いたメンマ チャーシューは豚と胡椒を効かせて茹でた鶏腿肉 斜め切りの葱と小口切りのスリム葱 鶏そばの器はそこの深いタイプ 純煮干そばは昔ながらの小振りな支那そばどんぶり 堅麺で替え玉が欲しくなるような一杯でした


盛岡はらぺこ日記」ゆきゆきこさんのエントリーを参考に訪問

13.1.18鶏醤油らあめん②

13.1.18鶏醤油らあめん③

13.1.18鶏醤油らあめん④

南部屋路ばた

18.5.23煮干しつけ麺①

第2回 岩手拉麦会コラボ限定麺 煮干しつけそば 2麺めであります アクセントに別皿で一味唐辛子が追加されました(かも)

18.5.23煮干しつけ麺②

18.5.23煮干しつけ麺③

18.5.23煮干しつけ麺④




18.5.16煮干しつけ麺⑥

南部屋 路ばた(盛岡市上太田)で、第二回 岩手拉麦会コラボ限定麺 煮干しつけそばをいただきました

つけ汁は、濃厚煮干しに鶏油 小口切り葱 麺のどんぶり顔綺麗ですね 麺は、平打ちストレート少し全粒粉ブレンドだろうか 低温調理でムチムチな食感の豚ロース肉 刻み海苔 レモンを絞って煮干しと柑橘のハーモニーを楽しませていただいた。


18.5.16煮干しつけ麺②

18.5.16煮干しつけ麺③

18.5.16煮干しつけ麺④

18.5.16煮干しつけ麺⑤

18.5.16煮干しつけ麺⑦

18.5.16煮干しつけ麺⑧

18.5.16店舗①




09.1.10らーめん

南部屋(盛岡市上大田

ランチタイムサービスの¥490らーめんをいただきました


スープはガラダシ系アッサリ醤油 麺は、多加水中細ウエーブ 具は」、ワカメ メンマ ナルト 豚バラロールチャーシュー1枚

「こんな時代だからワンコインでお釣りがくるラーメン」とのメニューに釣られました こんなご時世のサラリーマンにはありがたい一杯

09.1.10麺

09.1.10メニュー

09.1.10看板

三宝亭 八橋店

18.5.13冷やし担々麺①

5月の某日 拙者 冷やし担々麺をいただきました 芝麻・辣油・花椒で濃厚ピリ辛で冷や冷や YOUさんは、いつもの五目うま煮


18.5.13冷やし担々麺②

18.5.13五目うま煮③

18.5.13冷やし担々麺①

冷やし担々麺は、芝麻濃厚辛痺程よく 暑いこの時期美味しい一杯 youさんは、暑くても寒くても五目うま煮めん

18.5.13冷やし担々麺②

18.5.13冷やし担々麺③




16.1.24坦々麺①

三宝亭フレスポ店で坦々麺をいただきました

スープは、芝麻濃厚で泥系に近いがザージャン(辛肉味噌)を溶いても 麻と痺はさほど感じられず万人向けに仕上げてある 拙者、辛いもの好きなので備え付けのラー油を10周かけ回してからいただくが 酢ラータンメンをオーダーするとついてくる花椒も欲しいところ 麺は多加水中太 堅めコール 相変わらず麺が絡まってるため 引っ張り出すときに汁が廻りにぶっ飛ぶ。


16.1.24坦々麺②


17.10.29酢辣湯麵①

スープのベースは中華屋の清湯に酸っぱくピリ辛で花山椒の麻が利いている全餡、麺は中太多加水ストレート 具は、細切り筍 細切り絹ごし豆腐 ふんわり掻き卵 白髪葱とパクチー

大変申し訳なさすぎるビジュアルになってしまいました 卓上常備のラー油を20杯 このメニューだけに提供してくれる花山椒を20フリフリしてやたらと真っ赤で粉々っぽい 今流行りのインスタ映えには程遠い(インスタって何?) しかしながら最高に美味しい一杯になった 是非とも担々麺にも花山椒を提供していただきたい。


17.10.29酢辣湯麵②


1509.22酢ラー湯麺①

三宝亭フレスポ店で酸辣湯麺をいただきました

スープは、澄んだ鶏がら豚骨に醤油ベースタレ 麺は多加水中太 具は、細切りのハム 筍 白菜を炒め酢とラー油と山椒を加えた溶き玉子の餡に仕上げてある 白髪葱少々 葉っぱ1枚

拙者 強烈な酸辣好きであるから テーブル調味料からラー油を10杯 花椒を10振り 酢を5回グルグルさせてからいただく

15.09.22酢ラー湯麺②


14.12.24辛味噌

三宝亭 八橋店(秋田市八橋

youさんお気に入りの五目旨煮麺に付き合わされて最近の頻度かなり多めの店です

この日の拙者は、よその人が美味そうに食べていた辛味噌に惑わされてコール 鶏がら豚骨の濃厚スープに赤味噌 麺は、多加水プリプリ 具は、ほぼ生のモヤシキャベツに木耳 温泉玉子 白髪葱 小壷には別辛味 ほぼ全量を投入して真っ赤なラーメンに仕立てる ライス付きは食いしん坊にもうれしい

この日は、タンタン麺を所望 芝麻がきいた濃厚な一杯でした 個人的に花山椒を小さじで追加したいわがまま 


15.2.9坦々麺



14.8.9醤油ラーメン
14.10.2追記

澄んだ鶏がら豚骨スープにアゴや煮干のブレンド系スープ 麺は、多加水中太 具は、表面を炙った香ばしいバラ肉チャーシューが2枚 メンマ 小口切り葱 海苔

13.12.1五目うまにラーメン①

三宝亭八橋店で五目うま煮めんをいただきました

店の前にたなびく幟にもあるとおり 一押しになってます スープは、能書き見ると極上清湯とのこと 麺は、多加水中太の角張ったストレート 具は、海鮮と五目野菜の醤油オイスター風味の餡かけ

寒いこの時期にピッタリの熱々メニューで体の芯から温まります

13.12.1五目うまにラーメン②

14.1.12揚げ焼きソバ

13.12.1五目うまにラーメン③

13.12.1五目うまにラーメン④

七海

18.5.4野菜豚骨味噌①

15.6.3支那そば①

支那そばをいただきました

スープのベースは、あっさりめの鶏がら豚骨に醤油ダレ少しだけ粒子の細かい背油が浮く 麺は、加水低めの細ストレートだが堅めに茹でられシャクシャクした食感が美味い 具は、豚バラロールチャーシュー メンマ 小口切り葱 


15.6.3支那そば②





七海(秋田市川尻

野菜しおとんこつラーメンをいただきました。

とんこつスープは、あまり白濁しておらず濃厚背油多数 麺は中細縮れ麺 具は多めのワカメ メンマ 半熟ゆで卵 モヤシ、キャベツ、人参、貝ひも炒め きっちり形の整えられた豚バラ肉のロールチャーシュー こだわりの一杯 美味しくいただきました。


20060918145158.jpg


しおトンコツラーメン辛み少々をいただきました

スープは、白濁しておらず背油が結構浮いています 麺は中細の縮れ麺 具材は、多 目のワカメ メンマ 豚バラ肉のロールチャーシューが2枚 多目の刻みネギ 半熟味玉一個分がのっていました これに、テーブルに用意してある 真っ赤な物体を少々投入 自家製ラー油の一味だと思うのだが これがまたビリッと辛旨い

20061125075804.jpg

醤油ラーメンをいただきました。


ここはメニューに普通のラーメンとトンコツラーメンとがあり、あとは野菜入り 各種トッピング類追加を選択できます。

今回のオーダーは普通のラーメン。トンコツスープより背脂の量が少なめであっさりしています
麺は中細縮れ麺 具は多めのワカメと小口切りのネギ メンマ 豚バラロールチャーシュー2枚 半熟ゆで卵が半割り2個(トッピングで頼むと半割が4個載ります)

ワカメの量が多くて 薄くなり始めた私の髪にも優しい一杯です(ほんとか~、がっはっは)


20070905162458.jpg



20070905160946.jpg




麺屋とんぼ庵

18.8.5ごま辛らぁめん①

麺屋 とんぼ庵(秋田市中通)で、ごま辛めんをいただきました

スープは、濃厚芝麻に辣と花椒の麻がアクセント 麺は、ツルンとしたのど越しの多加水細ストレート 具は、ピリ辛の豚ひき肉ザージャン スリムネギ 白髪ねぎと糸唐辛子 麩 ザージャンには松の実だろうかナッツ系の食感

お好みで辛味の追加をと提供されるのは 自家製辣油を作るときに出る唐辛子である 痺れの麻を追加したければ自家製花椒を持参するのもありだな。


18.8.5ごま辛らぁめん②

18.8.5ごま辛らぁめん③

18.8.5醤油らぁめん①

18.8.5醤油らぁめん②

18.8.5休業日①




18.8.2醤油らーめん①

麺屋 とんぼ庵(秋田市中通)で、醤油らぁめんをいただきました

スープは、濃厚鶏ガラ豚骨に魚介ブレンド 表面に鶏油が浮く 麺は、細めの多加水ストレート チュルチュル感とのど越しが良い 具は、低温調理チャーシュー 麻竹メンマ 海苔 小口切り葱 スリム葱 麺の撮影に失敗

奇遇なことに大曲の有名店主と遭遇 思わず声掛けして驚かせてしまった


18.8.2醤油らーめん③

18.8.2メニュー④

18.8.2告知⑤

18.8.2外観⑥


中川食堂

18.7.14もつ煮定食①

中川食堂(能代市字悪戸)で、絶品な豚モツ定食をいただきました

切にお願いして御飯を少なくしてもらい 小皿にはガッコ ワカメの味噌汁 メインは,柔らかく煮込んだ豚モツニンジン入り 小口切り葱どっさり

拙者辛い物大好きなので 一味唐辛子で真っ赤にしていただきます


18.7.14もつ煮定食②

18.7.14もつ煮定食③




12.3.26カツ丼①

中川食堂(能代市悪戸)で、カツ丼をいただきました

肉厚で揚げたての豚カツを甘辛の醤油だれで煮込み卵とじにしてあります カツが大きすぎるのでご覧の様にのり切らない分は二段重ねになると言う 食いしん坊には堪らない状態で仕上げられてました。食べ方としては御飯に近い肉を一切れ片付けて現れた御飯を掘り進んで食べながら重なった肉にとりかかる「かまくら喰い」ってのがよろしいでしょう

この店では、「カツ丼離れ」という頼み方もあります カツの卵とじが皿に盛り付けられて出てきますが 私はやっぱりどうだとばかりに積み上げられた盛り付けのほうが好きです



12.3.26カツ丼②

11.1.15カツ丼はなれ①

中川食堂(能代市悪戸)で、カツ丼はなれをいただきました

盛りが良いとの噂は目にしていましたが ご覧の様にドンブリには山盛りのご飯 注文を受けてから肉を叩き 揚げたてを卵とじで仕上げていく 具にはスライス玉葱とシメジ 卵は 半熟ではなく濃いめのタレで どんぶりめしががどんどん進む


このカツ煮を無理やりドンブリにのせたが通常のカツ丼 上物だけをお皿に分けて出してくれるのが「はなれ」だそうだ

安くて美味しくてデカ盛りが大好きなカツ丼フリークへ捧ぐ拙Blogコレクションをのっけておく

冨士食堂、期待を裏切らないカツ丼

山根の驚愕カツ丼大盛り定食(ご飯だけでも3合)

番外だが「スーパーオセン」驚愕のチキンカツ

11.1.15カツ丼はなれ②

11.1.15カツ丼はなれ③

11.1.15カツ丼はなれ④

麺や二代目夜来香

18.7.1味噌らーめん①①

麺や二代目夜来香(秋田市飯島)で、youさん味噌ラーメン 拙者担々麺をいただきました

スープのベースは 鶏ガラ豚骨にあっさりめの味噌 麺は、多加水細ストレート 具は、低温調理もも肉チャーシュー
メンマ 小口切り葱 パクチー

担々麺のスープと麺は共通 芝麻に辣油と花山椒の痺れ ピリ辛のミンチ 刻み白葱 パクチー嫌いなの初めて知った

豚バラ肉の生姜炒め煮丼は、マヨネーズと青海苔が添えられていました

人気店とあっていつも 待機駐車場満車 そろそろ落ち着いただろうと初めて向かったが ボードに名前書いた時点で6人待ち まだまだ心が折れる


18.7.1味噌らーめん②

18.7.1担々麺①

18.7.1担々麺②

18.7.1生姜焼き丼①

18.7.1メニュー②

18.7.1メニュー①

18.7.1看板①


拉麵 雅龍

18.7.6中華①

拉麵 雅龍(大館市常盤木町)で、煮干しラーメンをいただきました

スープは、澄んだ煮干しに少しだけ旨み油 麺は、多加水中太ストレート 具は、豚バラチャーシュー 麻竹メンマ 小口切り葱辛味は、豆板醬系


18.7.6中華②

18.7.6中華③

18.7.6中華④

18.7.6中華⑤


味の食道楽

18.7.12ザザーメン①

味の食道楽(能代市二ツ井)で、ザザーメンをいただきました

スープは、中華屋の清湯にあっさりめの味噌 ガッツリ生姜を利かせてある 麺は、中太多加水縮れ 具は、豚挽肉 メンマ 小口切り葱 備え付けの辛味は コチジャン辣油風

 
18.7.12ザザーメン②

18.7.12ザザーメン③

18.7.12ザザーメン④

18.7.12ザザーメン⑤


山城屋

18.6.8醤油らーめん①

山城屋(大館市早口)で、魚介豚骨ラーメンをいただきました

スープは、白濁鶏ガラ豚骨に節系ブレンドで粘度は少なめ 麺は、多加水中太ストレート 具は、豚バラスライスチャーシュー メンマ スリムネギ 中央に小口切り葱 白髪葱

麺撮りに失敗 ピンと合ってません


18.6.8醤油らーめん2

18.6.8メニュー

18.6.8駐車場

18.6.8山城屋①



湯の台食堂

18.5.5醤油ラーメン①

ゴールデンウイークの中華そば(並)と 無くなり次第終了のチャーシュー丼 茶碗の御飯に青海苔を敷き詰め刻んだ端チャーシュー

18.5.5醤油ラーメン③

18.5.5醤油ラーメン②

18.5.5醤油ラーメン④




18.2.12中華そば⑤

湯の台食堂(にかほ市象潟町)で、中華そばをいただきました 勿論替え玉も 18.2.12

話題の新店シリーズみたいですが 正直 吹雪の中をナビ頼りに訪問してみると 夏場にバイクで巡る獅子ヶ鼻湿原やブルーラインの近くでした。

思いっきり時間をずらして到着するも 入店待ち1名 当然、店内は満席

スープは、鶏ガラベースの魚介系ブレンドだろうか 麺は、多加水薄い平打ち幅広を手もみで縮れを作る 茹で時間速く回転率良い 具は、豚バラ肉チャーシューと低温調理チャーシュー メンマ 茹でほうれん草 小口切り葱 替え玉は、細麺 拙者細麺は 食するスピードを考慮して固めでお願いするのだが 却下


18.2.12中華そば①

18.2.12中華そば②

18.2.12中華そば③

18.2.12中華そば④

18.2.12中華そば⑥


こってり番長

18.3.26塩らーめん①

いつもの塩大盛地獄の素ごっそり やっぱりここの家系最高だわ。

18.3.26塩らーめん②


17.11.1しょうゆらーめん①

こってり番長(盛岡市津志田)で、いつもの油抜き醤油らーめん 

スープは、家系濃厚白濁豚骨 麺は、多加水太丸ストレート 具は、茹でほうれん草 豚もも肉チャーシュー 小口切り葱 大判の海苔

カラリと香ばしい揚げニンニクチップ 地獄の素辛味 スプーン山盛り2杯で最高に美味しい一杯をいただきました

券売機に新メニューが掲載されていました こってり無双とは なんとも頼もしいネーミング 何やら特濃スープが自慢らしいです

17.11.1しょうゆらーめん②
17.11.1しょうゆらーめん③

17.11.1しょうゆらーめん④


17.5.12醤油ラーメン①


こってり番長(盛岡市津志田)で、醤油ラーメン油抜きをいただきました

いつもながら岩手では秀逸のボーメ高い超濃厚豚骨スープであります いつもの豆板醬2さじとニンニクチップに唐辛子ベースの地獄の素を1さじ追加していただく

油抜きコールだが それでも表面から1cmの幕がはり 湯気もたたず完食まで熱々である 辛味は、豆板醬2つ 地獄2つでも良さそう ニンニクチップの香ばしさもなかなか良い仕事をしてくれる

17.5.12醤油ラーメン②

17.5.12醤油ラーメン③



17.1.11醤油①

醬油ラーメン大盛に豆板醤とフライドガーリック

16.8.30味噌豚骨①

こってり番長(盛岡市津志田中央)で、味噌豚骨 醤油豚骨+豆板醤

スープは、濃厚味噌豚骨 麺は、もっちり太麺 具は、大量のキャベツと茹でもやし ほうれん草 きみ チャーシュー 衝立のような大判海苔3枚

醤油豚骨は、¥500 大盛半玉追加でも¥50とコスパ抜群 スープは、クリーミー濃厚 麺は、モチモチ太麺 具は、ウズラ玉子 茹でほうれん草 白髪ねぎ 豚もも肉チャーシュー 大判海苔3枚 豆板醤はテーブルには置いていないので くださいとコールが必要

16.8.30味噌豚骨②

16.9.21塩豚骨①




16.8.11みそラーメン

16.8.11ラーメン




15.11.9ダブル①

こってり番長 塩らーめん 麺1.5玉プラス0.5玉=2玉

スープは、白濁豚骨でクリーミーな仕上がり 表面には湯気が立たないほどの背油1cm以上は確実に浮いている(ザル漉しではない) 麺は、加水少なめ中太丸ストレート この麺は堅麺コールが好み 具は、豚肩ロースチャーシュー 茹でほうれん草 ウズラの卵 海苔3枚

盛岡で横浜丸山製麺から直送の本場家系の麺がいただける貴重な店です 並盛り¥500に大盛り券(半玉)1枚¥50×2枚でも合計¥600で食いしん坊が満足できる2玉であります どんぶり小さめなので2玉入れると スープから麺がはみ出てしまうらしく 別盛り小どんぶり 生姜と豆板醤は頼めば保冷から出して提供 今回は スプーン3杯とニンニク少々を投入 家系の海苔はどんぶりの縁に衝立の様に立ってなければならないが 残念なことに丼顔を隠すように置かれていたことが少々残念  


15.11.9ダブル②





14.12.26こってり番長①

こってり番長(盛岡市津志田)で、ラーメンをいただきました

店舗画像に12/18開店の看板ありますが 初日は行列見て断念 2日目は麺が届いていないらしく18:00から営業予定と掲示されて 夜は晩酌と決まっているので涙ながらに帰宅 1週間過ぎたのでそろそろかなと再訪問

スープは、上品な白濁具合の豚骨 わずかに甘味強く砕いた背油の浮きは見られない 盛岡に合わせた優しい家系といったところか
麺は、丸山製麺の加水少なめ中太 固めコールで丁度良い 具は、豚ももチャーシュー 茹でほうれん草 ウズラの卵2個 そして衝立のような海苔が3枚
座席は、4人がけには少し狭いのテーブルが多く 小上がりもあるが  1人の客が多いと効率が悪い 壁伝いにカウンター席があればうれしい 薬味に 家系定番のラージャンが無いのも寂しい 玉子は、デフォで半玉か50円で1玉トッピングのほうがありがたいかも 中盛り1.5玉 大盛り2玉もお願いします

本格家系を待ち望んでいた拙者にとって やっと盛岡に登場したラーメン 巡回のリストに載るのは確実 

14.12.26こってり番長②

14.12.26こってり番長③

14.12.26こってり番長④





ケンちゃんラーメン秋田店

17.12.15ケンちゃん並①

今更ですが12月のけんちゃんラーメンの中華そば 油抜き並口

17.12.15ケンちゃん並②


16.3.25ケンちゃん①

ケンちゃんラーメン秋田店(秋田市飯島)で、中華そばをいただきました

普通盛りでどんぶりの表面から麺が顔をのぞかせるビジュアルは たまりません スープは、澄んだ鶏ガラ豚骨に野菜の旨み煮干し 麺は、極太平打ち縮れ麺 具は、細メンマ 小口切りネギ 海苔 チャーシューは、豚ももと肩ロースの2種類をなんと3枚おごる


16.3.25ケンちゃん②

16.3.25ケンちゃん③

16.3.25ケンちゃん④


かつや 西バイパス店

17.12.8かつや①

今更ですが12月の大感謝祭であります 本当にありがたいことです

ロースカツ定食と 高嶺の花 豪華絢爛カツカレー(竹)


17.12.8かつや②

17.12.8かつや③

17.12.8かつや④




18.1.24ロースかつ②

20周年感謝祭 なんと¥150引きでロースかつ定食が頂けました

サクサク衣に肉々しい豚ロースボリューム満点 いつも感じるけど かつやの御飯は熱々で美味しい

18.1.24ロースかつ①




17.12.8かつや①

かつや お客様大還元祭 毎年の事ではありますが貧乏リーマンにはありがたい特別企画であります

ロースかつ定食 通常¥690がなんと¥500 カツカレー¥750がなんと¥500であります 普段は、竹かつ丼オンリーなのでめったにいただけないセレブ食 堪能させていただきました。

17.12.8かつや②

17.12.8かつや③

17.12.8かつや④




16.12.2カツカレー①


かつや盛岡西バイパス店(盛岡市北飯岡)で、年末感謝祭カツカレー(竹)をいただきました

単身赴任の拙者ですから倹約は武士の美徳と 普段は高嶺の花で食べることのできない¥750(竹)ですから注文の時からドキドキしました
120gのサクッと揚げたとんかつが鎮座し具材が溶け込んだカレールーが祝欲をそそります 普段カツカレー¥750ロースかつ定¥690かつ丼¥650ソースかつ丼¥650ですから 意地汚さに選択しましたが カレーは激辛に限るだった自分を忘れていました ここはやはりかつ丼に七味山ほど掛けを選ぶべきです。よぐたがれなので3つ位テイクアウトして冷凍しようかと思ってます。

そんなこんなで かつ丼竹 どんぶりにのせるという制約からかカツが少なく感じるのは気のせいか・・・七味の粉を全面にまぶし本望をとげる 隣でデブな若造が喰ってるロースかつ定  絵になる大きさと思ったのは嫉妬からか 最近 歳喰ったせいで食が細くなったと思っているが体重が思ったより減っていないのは何故。

16.12.3かつ丼竹①

16.12.2カツカレー②





14.1.24かつや①

かつや 西バイパス店(盛岡市北飯岡)で、竹カツ丼をいただきました

豚カツのサイズで梅80g・竹120g・松80gx2 卵2個となっています 今回は、¥100クーポンあったので竹を奮発してみました。驚いたのはご飯がやたらと熱々で食べ切るまで冷めません 拙者の早食い錯覚かもしれませんが・・・ 豚カツは、120gで通常食堂サイズでしょうか 店内は、牛丼チェーンのシステムそのままで 味噌汁もデフォルト 外回り仕事のリーマンにすれば早くてひとりでも入れるありがたい店でした。


拙者のカツ丼コレクションはCP高すぎるのかもしれませんが 気になる方は驚愕の逸品も御覧ください

能代市 中川食堂 http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/blog-entry-493.html
能代市 冨士食堂 http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/blog-entry-264.html
大仙市 山根    http://zeltupinndb.blog53.fc2.com/blog-entry-284.html


14.1.24かつや②

14.1.24かつや③

14.1.24かつや④

中華料理 天龍 銀座街店

18.5.27天龍餃子①

中華料理 天龍 銀座街店(川崎市川崎区)で、名物餃子 味噌ダレ 瓶ビールのゴールデンコンビをいただきました

ニンニク利かせた野菜多めの餡に 皮は薄めで柔らかい 真昼間のビールって最高っす。


18.5.27天龍餃子②




20070522004550.jpg

中華料理 天龍 銀座街店(川崎駅前)

タンタン麺をいただきました

スープは芝麻ときつめの豆板醤でほぼオレンジ色です 麺は表面がツルツルで喉越しが良い中太多加水麺 具は ごろっとしたキクラゲ 斜め切りの葱 ニラ 豚挽肉 かき玉が合わせて炒められドッサリのっていました

このボリュームで¥525ですから そりゃもう大満足

いつもは辛いの平気なあっしですが、これは結構強烈でした、「よっちゃんの南蛮味噌」の次位かな。

 20070522004604.jpg

中華料理 萬福

18.7.20タンタンメン①

中華料理萬福(能代市二ツ井)で、タンタンメンをいただきました

何故かしら猛暑の中でも やっぱりピリ辛 激熱いタンタンメンを注文してしまいます スープは、中華屋の清湯 中華丼を頼むと お椀にネギを放しただけのものが添えられるが この店のクオリティが堪能できます 麺は、細めの多加水  僅かにウエーブ 茹で時間 1分程 具は、豚ひき肉 ザーサイ 葱 メンマ    ザーサイの塩抜きが不十分で塩辛いとの酷評をよく目にするが 塩気のないザーサイほどまずい物は無い


中華料理萬福のデーターベース

#萬福 #タンタンメン #ソウルフード


18.7.20タンタンメン②




20080128232531.jpg

中華料理 萬福(
能代市二ツ井)で、

中華丼をいただきました

中華街で修行を積み 試行錯誤を重ねながら地元に根付いたメニューを創造し 食いしん坊の舌を楽しませてくれる楽しい店です

ザクッと刻んだキャベツ、人参、ほうれん草、キクラゲ、チャーシュー、さらに豚バラ肉を強火で炒め絡める程度の塩味餡かけでまとめ オイスター風味のタレで仕上げてあります

大盛りの御飯には、紅しょうが ゆで卵は糸で飾り切りしたものが半分 お椀のスープは葱だけですがこれがまた格別に旨い


御飯も具材もてんこ盛りで ボリューム満点! 大満足の一品でした



20080128232618.jpg



萬福( 能代市二ツ井

焼きそばをいただきました

単車旅人 修理屋的家貢」BBSにてshigw@仙台さんが大好きだったとコメントしてくれた まさしく絶品な焼きそばです。

麺は中細生麺(熊さん)を茹でて 水洗いでぬめりを取り〆ます。具は、豚バラ肉 キャベツ 人参 玉葱 モヤシ 木耳 ほうれん草 中濃ソースで炒め香ばしさを出します、
付け合せに紅生姜少々

御覧のとおり麺が見えない位 山盛りの超ボリュームで、蒸し麺の焼きそばとは違い 麺の腰や味まで楽しめる一杯でした。



20070228221034.jpg



中華料理 萬福 (能代市二ツ井

味噌ラーメンをいただきました。

スープは濃厚ブレンド味噌 麺は細ウエーブ 具は、麺と同量位もあろうかという五目炒めがどっさり載せられ なかなか麺に到達できないほどです。

1972年頃 、土曜の学校帰りには同級生らと ここでラーメンを食べるのが定例になっていて

当時の私は、剣道部に所属して すでにかなりの大食いでしたが ここの盛りは十分おなかを「 萬幅 」 にしてくれました。

過去ログでも触れているように、ラーメンへの情熱を覚えた最初の一杯がここのラーメン
30年以上経った今でも、仕事で県北に行くときは知らないうちに足が向いてしまう店です。




タンタンメンをいただきました


ラードで豆板醤とニンニクを炒め香りと風味を引き出し ザクザク切ったザーサイとひき肉が入ると、いよいよ横浜中華街で修行した店主のこだわり 
黄金色に輝き一点の曇りもないがすこぶる濃厚な清湯スープの入場。

このスープがまた格別 ご飯ものと焼きそばには、お椀にねぎを入れて塩味だけで出てくるが、ドンブリ一杯飲みたい位旨い。

お次は溶き卵の登場、何で掻き混ぜるかと 殻の行き先は気にしないでほしい、すべては美味しく頂く為の「オマジナイ」なのだ 

そうそう、お気付きの方もいると思うが 芝麻醤は入りません、でもタンタンメンはタンタンメン旨ければそれも有りなんです。

どんぶりで待機している 程よい堅さに茹でられた中細ストレート麺の上に投入される
そして”おいおい”と言いたくなるほど載せられるメンマ これがまた十分味が滲みてて旨い。

”はいよ” きたきたぁ~お~っとぅ!湯気が立たないラーメンだ 油断大敵
今は亡きラーメン界の山下清の”陶酔亭の味噌”、”五右衛門のあんかけ”、”チャイナタウンの味噌チャン”の教訓を忘れてはいけない。

舌を火傷する位 激熱なのだ、んんんっ旨いっやっぱ絶品だよ。

池田屋食堂


18.5.25マーボー麺①

池田屋食堂(横手市駅前町)で、一押しのマーボーラーメンをいただきました

ベースのスープは、中華屋の清湯と思われる 麺は、多加水細ストレート 具の麻婆は、絹ごし豆腐 もやし ニンジン 葱 スリムネギ 餡は、柔らかくほんのりピリ辛程度

どんぶりの縁 ぎりぎりの嬉しいボリュームであります。

18.5.25マーボー麺②

18.5.25マーボー麺③

18.5.25池田屋食堂②

18.5.25池田屋食堂①


喜多方ラーメン

18.7.9喜多方ラーメン①

喜多方ラーメン(北上市村崎野)で、絶品な喜多方ラーメンをいただきました

4号線を北上 有名釣り道具店の先に看板はあるのだが 画像のとおり 勢いの強い木の陰に隠れ 店をとおりすぎてからじゃないと発見することはできない
天窓のある洋風な店の前にも大きな木が茂っているので こちらからもなかなかの隠れ家である

スープは、澄んだ鶏ガラ煮干し昆布系のあっさりタイプだがしっかりとしている 麺は、太めの多加水平打ち縮れ チュルチュルな食感が美味しい 福島から取り寄せているそうだ 具は、ナルト ワカメ 豚もも肉チャーシュー ゆで卵 メンマ 海苔 スリム葱 

長年食べ歩きをしていると 何度か驚かされる店を発見することがある この店は、味にも驚かされるが メニューも今時とんでもなく激安である 駐車場にも困らず 行列に並ぶことも無く すぐに頂ける。

#喜多方ラーメン #激安 #美味しい


18.7.24喜多方ラーメン②

ビジュアル的にも喜多方ラーメンに寄せてワカメを抜いてもらいました 奮発して半カレー¥200も追加

18.7.24喜多方ラーメン①


18.7.24喜多方ラーメン③


18.7.9喜多方ラーメン②

18.7.9喜多方ラーメン③

お土産ラーメンの張り紙あり もしや そのまんま?っと思ったが5食¥2,100だから¥420/1食になってしまい 商売にはならない

18.7.24喜多方ラーメン④

18.7.9喜多方ラーメン④

18.7.9喜多方ラーメン⑤


新福菜館秋葉原店

18.6.5ブラック①

新福菜館秋葉原店(千代田区神田)で、秋葉原店限定の旨辛ミンチそばをいただきました

スープは、まっくろくろすけブラック 麺は、中太多加水ストレート 具は、挽肉ミンチの唐辛子炒め 茹でもやし 小口切り青葱


18.6.5ブラック②

18.6.5ブラック③

18.6.5ブラック④